北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「十勝夕暮れコーラ」人気 本州居酒屋で提供【十勝】

 道産のてんさい糖などを使ったオリジナルクラフトコーラ「十勝夕暮れコーラ」の人気が高まっている。4月の完成直後は、十勝管内の飲食店での提供が大半だったが、7月からは首都圏と関西で展開する居酒屋チェーン「北海道シントク町 塚田農場」での提供が始まったため、品薄状態が続いている。

十勝夕暮れコーラのメンバー(左から)吉田武馬さん、儀間雅真さん、真浦綾子さん、松永正宗さん

 「北海道シントク町-」は塚田農場などの飲食チェーンを展開するエー・ピーカンパニー(本社東京)の飲食事業の一つ。同社は全国6カ所で地鶏を生産。2011年から新得町の同社養鶏場でも生産を始めた。首都圏、関西で11店舗展開する「北海道シントク町-」ではブランド鶏「新得地鶏」のほか、夢想農園(士幌町)の白カブや、なまら十勝野(芽室町)のトウモロコシなどの十勝産野菜を含む道産食材を提供している。

 十勝夕暮れコーラの提供は同店で開催中の十勝フェア(7月17日~9月30日)で炭酸割り(以下税別、500円)、ジンジャーハイボール(580円)、ジンコーク(同)の3種。エー・ピーカンパニーによると既に約1100杯売り上げており、想定の約2倍のペースだという。同社は「フェア終了後も定番メニュー化を視野に入れて検討したい」としている。

 十勝夕暮れコーラプロジェクトのメンバーの一人、真浦綾子さん(43)は「想定よりも早い売れ行き。多くの方に楽しんでもらえるよう今後の展開を考えたい」と語る。

 十勝夕暮れコーラは管内約10カ所の飲食店のほか藤丸や音更町のハピオ木野などでも販売している。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産...