北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「十勝夕暮れコーラ」人気 本州居酒屋で提供【十勝】

 道産のてんさい糖などを使ったオリジナルクラフトコーラ「十勝夕暮れコーラ」の人気が高まっている。4月の完成直後は、十勝管内の飲食店での提供が大半だったが、7月からは首都圏と関西で展開する居酒屋チェーン「北海道シントク町 塚田農場」での提供が始まったため、品薄状態が続いている。

十勝夕暮れコーラのメンバー(左から)吉田武馬さん、儀間雅真さん、真浦綾子さん、松永正宗さん

 「北海道シントク町-」は塚田農場などの飲食チェーンを展開するエー・ピーカンパニー(本社東京)の飲食事業の一つ。同社は全国6カ所で地鶏を生産。2011年から新得町の同社養鶏場でも生産を始めた。首都圏、関西で11店舗展開する「北海道シントク町-」ではブランド鶏「新得地鶏」のほか、夢想農園(士幌町)の白カブや、なまら十勝野(芽室町)のトウモロコシなどの十勝産野菜を含む道産食材を提供している。

 十勝夕暮れコーラの提供は同店で開催中の十勝フェア(7月17日~9月30日)で炭酸割り(以下税別、500円)、ジンジャーハイボール(580円)、ジンコーク(同)の3種。エー・ピーカンパニーによると既に約1100杯売り上げており、想定の約2倍のペースだという。同社は「フェア終了後も定番メニュー化を視野に入れて検討したい」としている。

 十勝夕暮れコーラプロジェクトのメンバーの一人、真浦綾子さん(43)は「想定よりも早い売れ行き。多くの方に楽しんでもらえるよう今後の展開を考えたい」と語る。

 十勝夕暮れコーラは管内約10カ所の飲食店のほか藤丸や音更町のハピオ木野などでも販売している。

関連記事

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...

室蘭民報

学生運営レストラン盛況 北斗文化学園調理学校チャレンジショップ【室蘭】

12品テークアウト/人気メニュー完売  北斗文化学園が運営する北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(室蘭市山手町、澤田真奈美学校長)で9日から学生運営レストラン、チャレンジショップがスタ...