北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

庭園観光広げた10年 ガーデン街道記念セミナー【帯広】

 北海道ガーデン街道10周年記念ガーデンツーリズムセミナー(国土交通省主催)が26日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。全国のガーデンツーリズム関係者約100人が、十勝・上川の8施設でつくる北海道ガーデン街道の取り組みと成果に触れて交流した。

ガーデンツーリズムの将来に意見を交わしたパネルディスカッション。右から林会長、塚本さん、上野さん。左端が涌井さん

 先進事例の紹介として、北海道ガーデン街道協議会の林克彦会長が、知名度が低い十勝観光の起爆剤として、富良野を含めたガーデン観光を発想したと振り返った。ターゲットマーケティングや組織づくりが重要だとし、「ガーデンのお客は女性が中心なので、女性に意思決定権を持ってもらった方がいい。ホテル・旅館を巻き込んだのも良かった」などと話した。

 上野ファーム(旭川)の上野砂由紀さんは、イングリッシュガーデンを持ち込むのではなく、北海道の気候・風土に合った庭造りをする「北海道ガーデン」の考え方を提唱。はままつフラワーパーク(静岡)の塚本こなみ理事長は、見る人に感動を与える庭造りの取り組みを紹介した。

 パネルディスカッションでは、東京都市大学特別教授で造園家の涌井史郎さんをコーディネーターに、5人がガーデンツーリズムの今後について意見を交わした。

 涌井さんは、SDGs(持続可能な開発目標)の流れの中、庭造りに求められるものが、自然をコントロールして造形・演出するものから、「再生循環」や「自然共生」へと変わっていくと展望。「『北海道ガーデン』は自然の力に委ねた庭園の姿で日本から発信していきたい」と語った。

 同省は、観光周遊による地域活性化や庭園文化の普及を目指し、4月にガーデンツーリズムの登録制度を創設。「北海道ガーデン街道協議会」など全国6団体を認定した。

 セミナー後には、登録団体が連携する組織設立の方針を確認した。浜松市から訪れた団体役員前田忍さんは「地域や歴史、文化を生かしながら独自性あるガーデンの取り組みに感動した」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス