北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「パプリカ」大合唱【浦河】

ステージ上で川島さん(中央)と合唱する児童たち

 浦河町教育委員会主催の本年度児童生徒芸術鑑賞事業「オペラ体験セミナー」が28日、町総合文化会館4階文化ホールで開かれた。

 児童生徒に対し優れた芸術鑑賞を通じて、文化的水準の向上を目的とする事業で、小学4~6年生約270人が参加した。

 講師は道内外で活躍する川島沙耶さん(ソプラノ)、今野博之さん(バリトン)、森山綾乃さん(ピアノ)の3人。

 セミナーでは、オペラの歴史や文化などの説明のあと、ミニコンサートを開演。「オー・ソレ・ミオ」、「パパパの二重唱」、歌劇カルメンより「闘牛士の歌」となじみのある曲を披露した。

 「フニクリフニクラ」では、歌詞の2番を「鬼のパンツ」の替え歌でうたい会場の雰囲気を和らげた。

 続いて、発声講座が開かれ、参加者は歌う時の口の開け方や発声の仕方などのワンポイントアドバイスを教わった。

 となりのトトロでおなじみの「さんぽ」では、歌手と会場とが一体となって合唱した。

 その後のコーナーでは、子どもたちは「のどが痛くならないか」「どうしてオペラを始めたのか」などを川島さんたちに質問した。

 アンコールでは、2020年オリンピック応援ソング「パプリカ」を再び全員で大合唱して大いに盛り上がり、参加者はオペラの魅力を知る体験をした。

 参加した浦河小4年の川村南実さん(10)は「今まではポップスなどしか聞いたことがなかったけど、オペラなどクラシックの曲も良かった。また聞きたい」をうれしそうに話した。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...