北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

北大大学院水産科学研究院・松石教授らがツチクジラ新種発表【函館】

宗谷管内猿払村に漂着した新種のクロツチクジラ(提供、2012年11月)

 北大大学院水産科学研究院の松石隆教授らの研究グループが30日、オホーツク海沿岸に漂着したクジラを調査分析した結果、新種であることを確認したと発表した。従来知られたツチクジラよりも小型で体色が黒いことが主な特徴で、和名を「クロツチクジラ」とし、同日に研究成果をまとめた論文を英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 論文名は「北太平洋で発見されたツチクジラ属新種鯨類の記載」で、松石教授のほか、国立科学博物館、岩手大、スミソニアン博物館(米国)などの研究者7人の共著。

 国立科学博物館などによると、ツチクジラ属はツチクジラとミナミツチクジラの2種が確認されているが、道内の捕鯨関係者の間では「クロツチ」や「カラス」と呼ばれる一般的なツチクジラと比べて、色が黒く体が小さいクジラがいると知られていたという。

 研究グループは、松石教授が主宰する漂着鯨類調査グループ「ストランディングネットワーク北海道」が2008~19年に収集したオホーツク海沿岸に漂着した未知種8体と、既知種2種の形態学的特徴や遺伝子情報などを比較。

 既知種に対して、①成熟した雄の体が6・2~6・9メートルと小さい(ツチクジラの平均は10メートル)②体長に対するふんが小さい③体の色が黒い④頭骨形態が異なる⑤DNAに差が認められる―などから新種であると判断した。

 直近では、国際海棲哺乳類学会が14年にオーストラリアウスイロイルカを新種と認定しており、クロツチクジラが認定されると鯨類は90種となる。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...