北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「生活再建へ役立てて」安平町に新品家具寄贈 56年の歴史に幕、苫小牧の小亀家具店

小亀さん(右から2人目)の助言を受け、新品の家具をトラックに積み込む安平町職員

 現在の苫小牧市音羽町で創業し、今月20日で56年の歴史に幕を閉じた小亀家具店が30日、在庫となっていた高級家具を胆振東部地震で被災した安平町に寄贈した。店主の小亀勲さん(79)が建具職人として修業を積んだ旭川市から取り寄せた逸品ばかり。トラック3台に乗せて同日、現地に運ばれた。同町は家屋が倒壊した町民の生活再建に活用する考えで、小亀さんは「役立ててもらえるのはとてもうれしい」と喜んでいる。

 同日、安平町職員6人が小型や中型のトラック計3台と公用車に乗り合わせて店舗前に到着。小亀さんの指示を受けながら、家具同士がぶつかって傷が付かないよう毛布で包み、隙間が空かないようにトラックに積み込んだ。

 作業は約1時間半で終了。大型の高級たんすや食器棚、テーブル、ふすま紙など多岐にわたる総額150万円相当の品々が寄贈された。

 小亀家具店は1963年に音羽町の現在の場所に路面店として創業。小亀さんが旧上川管内神楽町(現旭川市)の出身で旭川市内の工場で建具職人としての技能を磨き、苫小牧で独立。職人時代の縁を生かした家具販売を展開。顧客を増やしたが、年齢に伴う体力の衰えを理由に今月閉店した。

 安平町は寄贈品一式の活用方法として、半壊以上で公費解体し、町内で新築予定の町民を対象に譲り渡す考え。内覧会を開くほか、希望者には搬送も町で対応する方針だ。

 同町総務課の田中一省課長は「地震を思い出したくなくて家具を処分する人も少なくない。町民の新たな生活に向けて家具の寄贈は本当にありがたい」と感謝した。

 小亀さんも「安平町から買い物に来てくれる人もいた。大変な地震だったが、お世話になった恩返しに少しでもなれば私もうれしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...