北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

文化交流館カント・レラに和太鼓「本棚」が登場【登別】

寄贈された太鼓を活用して収納にぴったりな本棚が完成した

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)に、古い和太鼓を用いたユニークな本棚が登場した。胴の中心部に穴を開けて、台を内部に据え付けた特製だ。

 和太鼓は、阿波銘木(鷲別町)から約30個寄贈された。施設スタッフの斉藤志郎さんが活用方法を模索していたところ、姉妹都市・宮城県白石市議会から、縄文文化関係の書籍65冊が寄贈された。「これだ」とひらめいた斉藤さん。大小さまざまな本を収納する棚の活用にぴったり。

 協力したのは、市内の木工作家・江口貞廣さん。D51形蒸気機関車(通称・デゴイチ)を木で精密に再現したり実寸台のオートバイを作るなど、腕前は折り紙付き。斉藤さんの依頼を受けて、本を収納できるよう丁寧にカットした。内部に設置する本を立てかける棚も斉藤さんが手掛けた。

 切り抜いた胴も有効活用。面の上部に固定して、さらに江口さん手作りの棚を設置した。太鼓の中に本が全て収まり切らなかったため、急きょ太鼓の上部にも展示できるよう整えた。仕上げは、市内の書家・永井雪陽さん。本の寄贈の感謝を込めて「宮城県白石市議会三会派寄贈」と木の板に書き入れた。

 キャスター付きの土台に載せたことで、移動も苦にならない。エゾシカの皮を張り付けた縄文風の太鼓や、縄文時代の生活が学べるジオラマなどがある部屋に置いてあり、太鼓の棚は違和感がない仕上がりだ。斉藤さんは「自分一人ではできないけれど、師匠の江口さんがいるから作れる。永井さんも『書いてくれ』と頼んだらやってくれた。ありがたいね」と笑顔だ。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...