北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラーメンをネパールに 「ガネーシャ」アルジュンさん【帯広】

 帯広市内のインド・ネパールキッチン「ガネーシャ」(西11北1、アルジュン・アディカリさん経営)が8月末からラーメンの提供を始めた。アルジュンさん(40)は北海道ネパールビジネス(帯広、小森唯永社長)などと連携し、ネパールでラーメン店の多店舗展開を目指しており、「計画を十勝の人にも知ってもらい、ネパールへの関心を高めてもらえれば」と話している。

店で販売する新作ラーメンをPRする(左から)アルジュンさん、松村さん

 アルジュンさんは札幌や釧路など道内やネパールで飲食店を経営。ネパールでの多店舗化は、十勝・北海道とネパールの経済・人の交流づくりのために2018年に設立された「北海道ネパールビジネス」の出資金や自己資金などを元手に計画している。

 ネパールで開店した1号店「HOKKAIDO RAMEN HOUSE」は、アルジュンさんが知人を介して出会った、大阪で人気のラーメン店「人類みな麺類」などを経営する「UNCHI」(大阪)代表の松村貴大さん(32)がプロデュースした。

 松村さんは今回、「ガネーシャ」で新たに提供するラーメンもプロデュース。世界展開の足掛かりとして、ネパールのほか米ニューヨークのマンハッタンでも出店を予定している。

 松村さんは「アルジュンさんの思いと、世界にラーメンを届けるため、店舗を拡大中の私の思いが一致したので協力を決めた」と話す。

 ガネーシャでは従来通り、カレーやナンの提供を続け、8月30日から新名物として北海道の鶏ガラや9種類のしょうゆなどでブレンドしたカレーラーメン(800円)など3種を提供している。

 アルジュンさんは「経営する道内の店舗で、ネパール人にラーメンづくりを学んでもらい、母国で展開するラーメン店で働いてもらえれば、少しずつネパールと北海道を行き来する人が増えるはず」と期待している。

関連記事

室蘭民報

あすなろでドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」を限定販売【洞爺湖】

500個限定販売  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、ドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」の製造が最盛期を迎えている。今年は500個限定。ラム酒に漬け込んだレーズンやオレンジピール、レモンピ...

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

西胆振産の野菜、もっと使いたい  最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り...

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス