北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラーメンをネパールに 「ガネーシャ」アルジュンさん【帯広】

 帯広市内のインド・ネパールキッチン「ガネーシャ」(西11北1、アルジュン・アディカリさん経営)が8月末からラーメンの提供を始めた。アルジュンさん(40)は北海道ネパールビジネス(帯広、小森唯永社長)などと連携し、ネパールでラーメン店の多店舗展開を目指しており、「計画を十勝の人にも知ってもらい、ネパールへの関心を高めてもらえれば」と話している。

店で販売する新作ラーメンをPRする(左から)アルジュンさん、松村さん

 アルジュンさんは札幌や釧路など道内やネパールで飲食店を経営。ネパールでの多店舗化は、十勝・北海道とネパールの経済・人の交流づくりのために2018年に設立された「北海道ネパールビジネス」の出資金や自己資金などを元手に計画している。

 ネパールで開店した1号店「HOKKAIDO RAMEN HOUSE」は、アルジュンさんが知人を介して出会った、大阪で人気のラーメン店「人類みな麺類」などを経営する「UNCHI」(大阪)代表の松村貴大さん(32)がプロデュースした。

 松村さんは今回、「ガネーシャ」で新たに提供するラーメンもプロデュース。世界展開の足掛かりとして、ネパールのほか米ニューヨークのマンハッタンでも出店を予定している。

 松村さんは「アルジュンさんの思いと、世界にラーメンを届けるため、店舗を拡大中の私の思いが一致したので協力を決めた」と話す。

 ガネーシャでは従来通り、カレーやナンの提供を続け、8月30日から新名物として北海道の鶏ガラや9種類のしょうゆなどでブレンドしたカレーラーメン(800円)など3種を提供している。

 アルジュンさんは「経営する道内の店舗で、ネパール人にラーメンづくりを学んでもらい、母国で展開するラーメン店で働いてもらえれば、少しずつネパールと北海道を行き来する人が増えるはず」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...