北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラーメンをネパールに 「ガネーシャ」アルジュンさん【帯広】

 帯広市内のインド・ネパールキッチン「ガネーシャ」(西11北1、アルジュン・アディカリさん経営)が8月末からラーメンの提供を始めた。アルジュンさん(40)は北海道ネパールビジネス(帯広、小森唯永社長)などと連携し、ネパールでラーメン店の多店舗展開を目指しており、「計画を十勝の人にも知ってもらい、ネパールへの関心を高めてもらえれば」と話している。

店で販売する新作ラーメンをPRする(左から)アルジュンさん、松村さん

 アルジュンさんは札幌や釧路など道内やネパールで飲食店を経営。ネパールでの多店舗化は、十勝・北海道とネパールの経済・人の交流づくりのために2018年に設立された「北海道ネパールビジネス」の出資金や自己資金などを元手に計画している。

 ネパールで開店した1号店「HOKKAIDO RAMEN HOUSE」は、アルジュンさんが知人を介して出会った、大阪で人気のラーメン店「人類みな麺類」などを経営する「UNCHI」(大阪)代表の松村貴大さん(32)がプロデュースした。

 松村さんは今回、「ガネーシャ」で新たに提供するラーメンもプロデュース。世界展開の足掛かりとして、ネパールのほか米ニューヨークのマンハッタンでも出店を予定している。

 松村さんは「アルジュンさんの思いと、世界にラーメンを届けるため、店舗を拡大中の私の思いが一致したので協力を決めた」と話す。

 ガネーシャでは従来通り、カレーやナンの提供を続け、8月30日から新名物として北海道の鶏ガラや9種類のしょうゆなどでブレンドしたカレーラーメン(800円)など3種を提供している。

 アルジュンさんは「経営する道内の店舗で、ネパール人にラーメンづくりを学んでもらい、母国で展開するラーメン店で働いてもらえれば、少しずつネパールと北海道を行き来する人が増えるはず」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...

十勝毎日新聞

清水の「牛とろ丼」は準優勝 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 ご当地丼料理の日本一を競う「第11回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が19日、会場の東京ドームで行われた。8回目の出場となった十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」は、...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...