北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラーメンをネパールに 「ガネーシャ」アルジュンさん【帯広】

 帯広市内のインド・ネパールキッチン「ガネーシャ」(西11北1、アルジュン・アディカリさん経営)が8月末からラーメンの提供を始めた。アルジュンさん(40)は北海道ネパールビジネス(帯広、小森唯永社長)などと連携し、ネパールでラーメン店の多店舗展開を目指しており、「計画を十勝の人にも知ってもらい、ネパールへの関心を高めてもらえれば」と話している。

店で販売する新作ラーメンをPRする(左から)アルジュンさん、松村さん

 アルジュンさんは札幌や釧路など道内やネパールで飲食店を経営。ネパールでの多店舗化は、十勝・北海道とネパールの経済・人の交流づくりのために2018年に設立された「北海道ネパールビジネス」の出資金や自己資金などを元手に計画している。

 ネパールで開店した1号店「HOKKAIDO RAMEN HOUSE」は、アルジュンさんが知人を介して出会った、大阪で人気のラーメン店「人類みな麺類」などを経営する「UNCHI」(大阪)代表の松村貴大さん(32)がプロデュースした。

 松村さんは今回、「ガネーシャ」で新たに提供するラーメンもプロデュース。世界展開の足掛かりとして、ネパールのほか米ニューヨークのマンハッタンでも出店を予定している。

 松村さんは「アルジュンさんの思いと、世界にラーメンを届けるため、店舗を拡大中の私の思いが一致したので協力を決めた」と話す。

 ガネーシャでは従来通り、カレーやナンの提供を続け、8月30日から新名物として北海道の鶏ガラや9種類のしょうゆなどでブレンドしたカレーラーメン(800円)など3種を提供している。

 アルジュンさんは「経営する道内の店舗で、ネパール人にラーメンづくりを学んでもらい、母国で展開するラーメン店で働いてもらえれば、少しずつネパールと北海道を行き来する人が増えるはず」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産...