北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

優秀賞42作品決まる【浦河】

席書会で筆を走らす生徒たち

 高文連苫小牧支部書道展・研究大会(当番校・浦河高)は、5日に浦河町総合文化会館3階ふれあいホールで開会式と合評会、6日に席書会と閉会式を浦河高体育館で開き、入賞作品が発表された。

 参加は、日高管内から浦河、静内、平取、富川の4校、胆振管内から駒大苫小牧、苫小牧東、苫小牧西、苫小牧南、北海道栄の5校の計88人が参加。生徒たちが大会に向けて書き上げた臨書や創作など力作165点が出品された。

 最終日の6日は、浦河高体育館で研究大会(席書会)が行われ、書作品制作のための知識・技術の向上と、参加した生徒たちの親睦をはかった。

 そのあとの閉会式で書道展の結果が発表され、10月9日から旭川市で開かれる全道大会に出品する優秀賞42点が決まった。

 閉会式では、浦河高2年の長尾心結さんの開式のことばのあと、苫小牧支部専門委員の橋本弘光さん(苫小牧東高)が優秀賞42点、奨励賞20点を発表した。

 続いて、次年度当番校顧問の今渉さん(苫小牧南高)が「年々、書のレベルが向上していると感じるが、毎年同じような書になっている傾向もあり、今後はもっと新しい書にもチャレンジして、席書会での経験を次の作品に活かしてほしい」と総評した。

 当番校のあいさつで、浦河高の北川能貴教頭は「席書会での書を見たがどれも素晴らしいと感じた。書かれた作品を見たとき、『思い描くチカラ』と『作りあげるチカラ』という2つの想像力の言葉が浮かんだ。そのチカラを書道を通して磨いているところだと思うが、これからも書道、学校生活、生き方など精進してがんばってほしい」と激励した。

 苫小牧東高書道部の部長で、優秀賞を受賞した松本真歩さん(3年)は「苫小牧支部はどの学校も作品のレベルが高いと感じた。全道大会ではさらにレベルの高い人たちが多くいるので、もっと勉強できるし、競争心も芽生えて、きっといい経験ができる」と全道大会への期待を膨らませて話した。

 優秀賞と奨励賞受賞者は次の通り。

 ◆優秀賞

 ▽静内 藤本蓮、漆原采花、小闕桃花、木村名那、菅原柚希、藤川琳香、齊藤昴、平下実香(以上3年)湊真帆、村田涼葉、髙藤詩織、四家井奏、山崎ちはる(以上2年)鈴木ひかり、石丸陽菜(以上1年)

 ▽北海道栄 沖藤汐華、鈴木マリン、三好真央、安藤礼実菜(以上3年)三浦詩織、向口彩香、佐藤友妃、橋本歩実、岡咲良(以上2年)鈴木マリア(1年)

 ▽苫小牧西 小針未鈴(3年)橋本小雪(2年)

 ▽苫小牧東 髙橋未菜、清野綾花、松本真歩、米村野亜、城野琴音、登彩香(以上3年)宮澤柚妃、三浦奈々佳、久保田珠莉、吉田帆花(以上2年)新倉佑美星(1年)

 ▽苫小牧南 川崎悠花(3年)福井萌々奈、山田愛莉(以上2年)渡辺妃莉(1年)

 ◆奨励賞

 ▽浦河 上山七虹、舘有沙(以上2年)

 ▽駒大苫小牧 石崎萌絵(3年)東唯華(2年)根深聖、有田茅新(以上1年)

 ▽静内 中山菜摘(2年)田村帆香、土田柚月(以上1年)

 ▽北海道栄 桐木真白(2年)山本侑弥(1年)

 ▽苫小牧西 河原レイナ(3年)洞口綾香(1年)

 ▽苫小牧東 三浦この佳(3年)髙橋乃愛(2年)

 ▽苫小牧南 渡邊理菜(2年)

 ▽富川 植松愛友奈(2年)

 ▽平取 大江彩莉、藤井明日香(以上3年)藤井琉奈(1年)

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...