北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

参加者と笑顔で交流し料理の魅力を伝える佐々木さん(左)

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産食材をふんだんに使ったカレーライス作りなどを楽しみながら交流。地元にある豊富な食材と魅力を改めて感じていた。

 佐々木さんは、2011年(平成23年)に、置戸小学校の栄養教諭を定年退職。その後、食のアドバイザーとして、考案した給食レシピの普及や食を通したまちづくりに努めている。取り組みは、NHKの情報番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にも取り上げられた。

 教室は30人が参加し6班に分かれ実施した。カレー作りは、佐々木さんが19種類のスパイスをブレンドして考案した特製カレールーを使用。伊達産の食材を使った「シーフード」「チキン」「ポーク」の3種類をはじめ、サラダなどをみんなで楽しく作業した。

 調理後は全員で試食。参加した伊達西小2年の油川和花さん(7)は「野菜の皮をむくのが楽しかった。すごくおいしいよ」、母親の夕紀さん(38)は「ルーから手作りなので安心ですね」と笑顔を見せていた。

 佐々木さんは「伊達の食材は新鮮で、大きく味もしっかりしていて素晴らしい。伊達に来るのをワクワクしていた」とにっこり。「食材が多いと家でも(料理を)作って食べようかなという気持ちになる。それが一番です」と話していた。

 佐々木さんは料理教室の前日の7日に同センターで「食べることは生きること~美味(おい)しいをつくる地域の力」をテーマに講演。多くの市民らで盛況だった。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...

十勝毎日新聞

牛とろ、ステーキ食べ比べ 1万3000人笑顔 肉・丼まつり【清水】

 第2回十勝清水肉・丼まつり(実行委主催)が8日、清水町有明公園で開かれた。昨年を千人上回る1万3000人(主催者発表)が来場し、肉づくしの祭りを楽しんだ。  畜産のまちをPRしようと昨年か...