北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

参加者と笑顔で交流し料理の魅力を伝える佐々木さん(左)

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産食材をふんだんに使ったカレーライス作りなどを楽しみながら交流。地元にある豊富な食材と魅力を改めて感じていた。

 佐々木さんは、2011年(平成23年)に、置戸小学校の栄養教諭を定年退職。その後、食のアドバイザーとして、考案した給食レシピの普及や食を通したまちづくりに努めている。取り組みは、NHKの情報番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にも取り上げられた。

 教室は30人が参加し6班に分かれ実施した。カレー作りは、佐々木さんが19種類のスパイスをブレンドして考案した特製カレールーを使用。伊達産の食材を使った「シーフード」「チキン」「ポーク」の3種類をはじめ、サラダなどをみんなで楽しく作業した。

 調理後は全員で試食。参加した伊達西小2年の油川和花さん(7)は「野菜の皮をむくのが楽しかった。すごくおいしいよ」、母親の夕紀さん(38)は「ルーから手作りなので安心ですね」と笑顔を見せていた。

 佐々木さんは「伊達の食材は新鮮で、大きく味もしっかりしていて素晴らしい。伊達に来るのをワクワクしていた」とにっこり。「食材が多いと家でも(料理を)作って食べようかなという気持ちになる。それが一番です」と話していた。

 佐々木さんは料理教室の前日の7日に同センターで「食べることは生きること~美味(おい)しいをつくる地域の力」をテーマに講演。多くの市民らで盛況だった。

関連記事

十勝毎日新聞

「世界最高のチーズを」 国際コンで銅賞の共働学舎【新得】

 ワールドチーズアワード2019(10月、イタリア)で、カマンベールタイプの「笹ゆき」が銅賞のブロンズメダルを獲得した共働学舎新得農場(宮嶋望代表)。国産ナチュラルチーズの第一人者として結果に満足...

室蘭民報

わかさいも本舗の松澤さんが洋菓子コンテストで銅賞【登別】

4種の小型ケーキ銅賞  わかさいも本舗登別工場(登別市若山町)のパティシエ・松澤真希さん(33)が、日本最大の洋菓子コンテスト・2019ジャパン・ケーキショー東京(10月15~17日)で、プティ...

室蘭民報

栄養士監修一日各10食…Eスプーン、今月のメニュー【伊達】

よくばりバージョン  栄養士の山田公子さん 「全国の伝統お祝い料理を集めてみました」。850円。  ▽ばらずし(京都府) 甘いサバのおぼろ(そぼろ)がたっぷり。  ▽のっぺい汁(三重県) 片栗粉や...

十勝毎日新聞

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン【東京】

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モ...

室蘭民報

スズキのシシャモが明治神宮秋の大祭に39年連続奉納【むかわ】

 むかわ町花園の水産加工品販売業「●スズキ」(鈴木譲代表取締役)のシシャモが、今年の明治神宮秋の大祭(11月1~3日)に奉納されることが決まった。今回で39年連続となる吉報に、鈴木社長は「これまで...