北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

参加者と笑顔で交流し料理の魅力を伝える佐々木さん(左)

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産食材をふんだんに使ったカレーライス作りなどを楽しみながら交流。地元にある豊富な食材と魅力を改めて感じていた。

 佐々木さんは、2011年(平成23年)に、置戸小学校の栄養教諭を定年退職。その後、食のアドバイザーとして、考案した給食レシピの普及や食を通したまちづくりに努めている。取り組みは、NHKの情報番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にも取り上げられた。

 教室は30人が参加し6班に分かれ実施した。カレー作りは、佐々木さんが19種類のスパイスをブレンドして考案した特製カレールーを使用。伊達産の食材を使った「シーフード」「チキン」「ポーク」の3種類をはじめ、サラダなどをみんなで楽しく作業した。

 調理後は全員で試食。参加した伊達西小2年の油川和花さん(7)は「野菜の皮をむくのが楽しかった。すごくおいしいよ」、母親の夕紀さん(38)は「ルーから手作りなので安心ですね」と笑顔を見せていた。

 佐々木さんは「伊達の食材は新鮮で、大きく味もしっかりしていて素晴らしい。伊達に来るのをワクワクしていた」とにっこり。「食材が多いと家でも(料理を)作って食べようかなという気持ちになる。それが一番です」と話していた。

 佐々木さんは料理教室の前日の7日に同センターで「食べることは生きること~美味(おい)しいをつくる地域の力」をテーマに講演。多くの市民らで盛況だった。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...