北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

相馬神社の禰宜・畔蒜さんが半生つづるエッセー出版【伊達】

自費出版した「現出る」を手にする畔蒜さん

 伊達市大町の相馬神社の禰宜(ねぎ)・畔蒜(あびる)稔さん(66)が、自らの半生を書いたエッセー「『現出(あれいず)る』北海道のまちづくり活動家だった私が、神職になるまで」を自費出版した。神職になるまでの人生を振り返りながら、これまで出会った人や経験に対する感謝の気持ちをつづっている。畔蒜さんは「素人が書いた本ですが、満足いく内容になっていると思います」と話している。

 畔蒜さんは後志管内黒松内町出身。大学卒業後、東京のアパレルメーカーや洞爺湖町のホテルなどでのサラリーマン生活を経て、黒松内町でのまちづくり活動にも尽力した。44歳で結婚し、女婿として神職になった。

 本を出版するきっかけは、5年前にさかのぼる。総代会の役員から「(神職として)何か残した方がいい」と助言を受けた。自分には跡を継ぐ子どもがいなかった畔蒜さん。年金を費用に充てることで自費出版し、神職としての足跡を残す決意を固めた。

 ペンネームは旧姓の「青沼稔」。本では黒松内町でのまちづくり活動をメインに、サラリーマンとしての経験や神職になってからの出来事などを記している。

 畔蒜さんは「お世話になった人への感謝の気持ちや、皆役割が違うのでそれぞれの仕事を頑張ればいいということを伝えたいです」と話した。

 発行は幻冬舎メディアコンサルティング、発売は幻冬舎。2千部発行。価格は800円(税別)。新書判。全国の有名書店やインターネット通販で取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...