北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

相馬神社の禰宜・畔蒜さんが半生つづるエッセー出版【伊達】

自費出版した「現出る」を手にする畔蒜さん

 伊達市大町の相馬神社の禰宜(ねぎ)・畔蒜(あびる)稔さん(66)が、自らの半生を書いたエッセー「『現出(あれいず)る』北海道のまちづくり活動家だった私が、神職になるまで」を自費出版した。神職になるまでの人生を振り返りながら、これまで出会った人や経験に対する感謝の気持ちをつづっている。畔蒜さんは「素人が書いた本ですが、満足いく内容になっていると思います」と話している。

 畔蒜さんは後志管内黒松内町出身。大学卒業後、東京のアパレルメーカーや洞爺湖町のホテルなどでのサラリーマン生活を経て、黒松内町でのまちづくり活動にも尽力した。44歳で結婚し、女婿として神職になった。

 本を出版するきっかけは、5年前にさかのぼる。総代会の役員から「(神職として)何か残した方がいい」と助言を受けた。自分には跡を継ぐ子どもがいなかった畔蒜さん。年金を費用に充てることで自費出版し、神職としての足跡を残す決意を固めた。

 ペンネームは旧姓の「青沼稔」。本では黒松内町でのまちづくり活動をメインに、サラリーマンとしての経験や神職になってからの出来事などを記している。

 畔蒜さんは「お世話になった人への感謝の気持ちや、皆役割が違うのでそれぞれの仕事を頑張ればいいということを伝えたいです」と話した。

 発行は幻冬舎メディアコンサルティング、発売は幻冬舎。2千部発行。価格は800円(税別)。新書判。全国の有名書店やインターネット通販で取り扱っている。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...