北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

望洋台霊園に新規造成した477区画を18、19日に先行申し込み【室蘭】

 室蘭市は18、19の両日、望洋台霊園(神代町)に新規造成した477区画の先行申し込みを受け付ける。対象は1年以内に墓碑を建てる人。新規造成区画の貸し付けは2007年度(平成19年度)以来12年ぶり。

 新規造成した区画は同霊園の西側に位置し、3平方メートルが185区画、4平方メートルが214区画、6平方メートルが78区画。料金はそれぞれ18万6900円(市外在住者25万5600円)、24万9200円(同34万800円)、37万3800円(51万1200円)。

 先行申し込みは、希望者が18、19の両日午前9時~午後3時45分、現地で新規造成区画を確認した上で、同霊園管理棟で仮予約する必要がある。その後、申請者または代理人が市役所本庁舎(幸町)の地域生活課窓口で本申し込みする。申請者の住民票と印鑑が必要。

 希望する区画が重なった場合、9月24日に抽選して使用者を決める。残った区画は10月1日から随時、同霊園で申し込みを受け付ける。

 詳細、問い合わせは同課、電話0143・25局2382番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...