北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「農福連携」始動 町とJAめむろマッチング【芽室】

 障害者が地域農業の生産現場で仕事に就く「農福連携」の試みが10日、町内で始まった。JAめむろと町役場がつなぎ役を担い、社会福祉法人柏の里めむろが運営する障害福祉サービス事業所「オークル」と農家とのマッチングを進める。高齢化や人手不足に悩む農家と、施設外就労の機会に恵まれない障害者の双方にメリットがあり、地域課題の解決策の一つとして注目される。

長瀬さんの畑でカボチャを収穫するオークルの利用者

 JAめむろ労働支援対策課は、組合員の農家に無料でアルバイトの人材派遣を紹介する事業を行ってきたが、今年度は人手不足から断らざるを得ない状況にあるという。町南瓜生産組合(早苗俊昭組合長、107人)の生産現場から「作付面積を増やしたいが人手が足りず難しい」と相談を受けたことが契機になり、町農林課・保健福祉課と協力して労働力確保の一助になる取り組みを検討してきた。今回初めて、オークル利用者が有償で、カボチャを生産する農家3軒の収穫作業を手伝うことになった。

 初日の10日、西士狩北6線にある長瀬和宏さん(43)の畑では知的障害のある利用者9人が汗を流し、茎から切り離されていたカボチャが次々と大型コンテナに運び込まれた。1ヘクタール分約13トンを収め、利用者の田中輝幸さん(44)は「外での作業は気持ちがいい。またやりたい」と笑顔を見せていた。

 3カ所計28ヘクタールの畑を所有する長瀬さんは、カボチャや小麦、ジャガイモなど約10種類を育てているが、他に作業を担うのは高齢の両親と妻の3人。「機械を使わない手作業が求められるカボチャやスイートコーンなどの収穫は、絶対的に人手が足りない」と話す。

 その上で、「仕事を選別し、工夫して指導すれば、障害者にもできることは多くある」と強調。JAめむろ労働支援対策課の白幡朋嗣課長も「他の野菜の収穫や春の播種作業など、広く農作業ができる環境づくりを目指したい」とする。

 社会福祉法人柏の里めむろでは、来春にも町内で障害者グループホームを開設する予定があり、オークルの成田一也管理者は「親亡き後の働く場も必要。さまざまなことにチャレンジし、できることを増やしていけたら」と期待している。

 町保健福祉課の有澤勝昭課長は、今後の課題について「農福連携の輪を広めるために、民間に障害者の能力をもっと知ってもらう必要がある」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...