北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

元函館市長・井上博司さん死去 惜しむ声相次ぐ【函館】

会見する井上さん(2007年3月)

 元函館市長の井上博司さんが17日午前3時58分、心不全のため亡くなった。83歳だった。北海道新幹線着工や戸井、恵山、椴法華、南茅部との市町村合併に手腕を発揮し、実行力のある市長として市政のトップを務めた。関係者からは市政発展に尽くした功績をたたえ、懐の深い人柄を惜しむ声が上がった。

 1936年、函館出身。函館西高校卒業後、55年に市役所入り。商工観光部長、市民部長、企画部長、助役を歴任し、1999年4月、木戸浦隆一元市長(故人)の退任に伴い、新人5人の激戦を制して初当選。2007年4月まで2期8年務めた。市職員時代は企画畑が長かった。

 新幹線の誘致と旧4町村との合併に功績を残した。井上市長在任中に市議会議長を務めた福島恭二市議(79)は「議会や経済界と一体で北海道新幹線着工を実現させた。井上さんのリーダーシップで行政、議会、経済界が結束できたと思う。惜しい人を失った」と振り返る。

 合併時の旧恵山町長だった工藤篤市議(69)は「5市町村首長の最初の会合の際、井上市長から『道南の発展なくして函館市の発展はない』との言葉をもらい、合併が成就するのではと直感した。東部4地区に足を運び、大事にしてくれた」と感謝する。

 市長任期中は、2000年の公立はこだて未来大の開学、同年の市立函館病院の移転、03年のJR函館駅の建て替えも功績に挙げられるほか、現在の市国際水産・海洋総合研究センター建設につながる函館国際水産・海洋都市構想の策定、自身の念願でありながら水族館建設計画に終止符を打つ英断も下した。

 井上市政時に助役を務めた木村孝男さん(78)は「素晴らしい人。紳士で尊敬できる人だった。一番の功績は北海道新幹線の誘致と東部4町村との合併。決断力があり、隅々まで気を使いながら円滑な行政運営に尽力した。一緒に仕事ができて幸せだった」と悼んだ。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス