北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「東京五輪マラソン選手と走ろう」 千歳市内の小中学生と交流

服部、前田両選手と青葉陸上競技場のトラックを走る子供たち

 千歳で強化合宿中の東京五輪マラソン日本代表に内定した選手らと市内小中学生との交流イベント「東京2020オリンピックマラソン選手と走ろう」(千歳市主催)が28日、真町の青葉陸上競技場で開かれた。小中学生75人が国内トップの男女選手に質問する場面や一緒に走る体験を通してトレーニングや試合前の食事の取り方などについてアドバイスを受けた。

 協力したのは25日から当地合宿に臨んでいる日本代表に内定した中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)の4選手と日本代表の有力候補の小原怜(天満屋)各選手。

 開会式のあいさつで千歳市の横田隆一副市長は「きょうで東京五輪まで300日。千歳市もまちを挙げて応援したい。きょうは楽しい一日にしましょう」と呼び掛けた。

 トークイベントでは、子供たちから「どうすれば速くなれるの」という質問があった。中村選手は「練習を積み上げ、目標を持って楽しむことを第一に考えることが大事」と答えた。「走る前に取る食事目安は」との質問に対し、鈴木選手は「消化がよい、普段から食べ慣れているものが一番」とアドバイスした。

 この後、子供たちは選手と一緒に腕を大きく回したり、もも上げなどの準備体操をしたり、グループに分かれてリレーを楽しんだ。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...