北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島住民代表団が帰島 地域間交流に強い関心【根室】

 今年度最後のビザなし交流で来日していた四島住民代表団(タチヤーナ・ベラウーソワ団長)は、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)が政府に要望している「地域間交流」に対し、強い関心を示した。帰島を前に根室振興局を表敬訪問後、記者団の質問に答えたもので、ベラウーソワ団長は「一番の近隣関係にあり、関心がある」と述べた。

 北隣協が政府に要請している四島住民との「地域間交流」は、管内1市4町と四島側の代表団の相互訪問を通じ、地域間交流を促進するもので、「顔の見える隣人付き合い」を進めることで、地域の実情把握や課題の共有化を図り、課題解決に向けた協力関係を構築するとともに、政府が進める共同経済活動(特定経済活動)についても、「地域に根差した有益な事業を掘り起こすことが可能」(石垣市長)としている。

 具体的には、現行のビザなし交流枠を活用し、管内主体の訪問団による「仮称・北隣協の船」を実現するもので、日露地域交流年の初年度である来年の令和2年度に試行し、翌3年度からの本格的実施を目指して、9月上旬に道や国など関係機関に要請活動を行っている。

 四島住民代表団が市役所を表敬訪問した3日、石垣市長は、北隣協が国に地域間交流の促進を要請していることを念頭に「日本には『遠くの親戚より、近くの他人』ということわざがあります。双方がウィン・ウィンの関係が深まるよう、地域間交流を深化させたい」と隣接地域の思いを伝えていた。

 帰島前に表敬訪問した根室振興局で、記者団の質問にベラウーソワ団長は「(根室管内は)一番の近隣関係にあり、地域間交流に関心がある。実現するとしたら今ある条件の下でなると思う」とし、現行のビザなし交流枠を活用した交流になるとの認識を示すとともに、「石垣市長が職員を連れてくるなら、われわれも同じような構成による民間外交となるだろう。その時の実施場所は3島(国後、択捉、色丹)になる」との見通しを示した。

 平成4年度にスタートしたビザなし交流では、同6年7月以来、隣接地域主体の訪問団による交流は行われていない。北隣協では、来年度から2カ年、日露地域交流年が行われ、令和3年度には、ビザなし交流30年を迎えることを機会に、地域間交流の促進を目指す。

帰島前の8日、根室振興局を表敬訪問した四島住民代表団

関連記事

函館新聞

湯船に甘~い香り せせらぎ温泉でマルメロ湯スタート【北斗】

 【北斗】北斗市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)で22日、甘い香りが特徴的なマルメロを湯船に浮かべるサービスが始まった。マルメロの収穫時期に合わせて実施する恒例の変わり湯で、31日まで。 ...

函館新聞

出演者の顔が見える! 20年版野外劇カレンダー完成【函館】

 NPO法人市民創作「函館野外劇」の会(中村由紀夫理事長)は2020年版のカレンダーを制作した。今夏の第32回公演から、1ページにメイン写真1枚とサブ写真4枚を配置。例年以上に出演者の顔が見える...

釧路新聞

ホッカイシマエビ漁解禁【別海】

野付湾で行われる秋のホッカイシマエビ漁が22日、解禁された。野付漁協によると、この日は1・4㌧(前年同期1・3㌧)が出荷され、浜値は1㌔当たり2600~3600円(同35000~4650円)で取...

苫小牧民報

復興応援ライブ、むかわ町民を笑顔に シンガーソングライター・つちだきくお..

 沖縄県竹富町在住のシンガーソングライター、つちだきくおさんが20日、むかわ町道の駅「四季の館」で復興応援ライブを開いた。沖縄の音楽やユニークな語りを繰り広げ、町内外から駆け付けた来場者に元気を...

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保..

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち...