北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保護センター

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち前のひなの持ち込みなどが減っており、19年度上半期(4~9月)も前年度同期比19個体減の72個体。同センターは「野鳥などの生態に対する市民理解が進んでいる」とみている。

 同センターの救護対象は、在来種の野鳥や小動物。けがの原因に人工物や人が関与したとみられるケースであれば原則、受け入れている。

 実際、建物の壁や窓ガラス、電線、橋、自動車など人工物への衝突に伴う救護が大半。脳振とうを起こしていたり、翼や足を骨折した野鳥を市民が発見し、運び込むケースが多い。年間約60種類、150個体近くを受け入れているが9割が野鳥で、1割はコウモリやエゾリスなどの哺乳類という。

 今年度、9月末までに救護した72個体の9割は市民の生活圏に身近な小鳥で、ハクセキレイやゴジュウカラなどが目立つ。

 同センターは「傷の縫合や投薬、注射といった治療しかできない」とするが、傷病鳥獣の野生復帰率は一般的な動物病院で約2割とされる中、同センターでは約6割を誇る。大けがについては動物病院と連携して治療を受けられるほか、敷地内のリハビリ用ケージで、飛行や水辺に浮く練習をできる環境にあることも大きい。

 22日時点で屋内外で17個体が療養し、野生復帰のタイミングを調整中という。

 一方、救護数は14年度143個体、15年度138個体、16年度152個体、17年度151個体、18年度は129個体と減少傾向。野生鳥獣の生態についての市民理解の広がりや、不急の通報が減っていることも関係しているとみられる。

 同センターは09年ごろから、獣医師らによる市民や子ども向け講演会を精力的に開催。職員で、獣医師の山田智子さん(40)は「最近は巣立ち前で、飛ぶ力が弱いひなを路上で見掛けても近くで親鳥が見守っていることを知り、そっとしておく市民が増えてきた」と言う。

 例年、野鳥が渡りなどで動きを活発化させるこの時期、救護個体数は増える傾向にある。山田さんは「野鳥にとっては、どんな人間も脅威。明らかにけがをしている場合でなければ後ろを付いて歩いたりして刺激せず、見守る場合も距離を取ることを心掛けてほしい」と呼び掛ける。

翼にけがをしたコノハズクを診察する山田さん

関連記事

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...

日高報知新聞

まわりの景色を楽しみながら【日高】

【日高】自転車愛好者が集まって今年2月に発足した日高サイクリング協会(石井健一会長)主催の「沙流川サイクリングコース試走会withかわたび」が2日、沙流川橋そばの富川せせらぎ公園駐車場に午前9時半...

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家...

室蘭民報

駒大苫、打線好調 苫中央根本、好投11K

道高野連独自大会南北海道大会  北海道高校野球南北海道大会(代替大会)が3日、札幌円山球場で開幕した。1日目は3試合が行われ、駒大苫が札幌新川に七回コールド勝ち。苫中央は知内に2─0で勝利した。両...