北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

18年度救護、前年度比約1割減 過去5年で最少、市民理解進む-野生鳥獣保護センター

 環境省と苫小牧市が共同管理するウトナイ湖野生鳥獣保護センター(同市植苗)が2018年度、市民の通報や持ち込みなどで救護した鳥獣は、前年度比22個体減の129個体で、過去5年間で最少だった。巣立ち前のひなの持ち込みなどが減っており、19年度上半期(4~9月)も前年度同期比19個体減の72個体。同センターは「野鳥などの生態に対する市民理解が進んでいる」とみている。

 同センターの救護対象は、在来種の野鳥や小動物。けがの原因に人工物や人が関与したとみられるケースであれば原則、受け入れている。

 実際、建物の壁や窓ガラス、電線、橋、自動車など人工物への衝突に伴う救護が大半。脳振とうを起こしていたり、翼や足を骨折した野鳥を市民が発見し、運び込むケースが多い。年間約60種類、150個体近くを受け入れているが9割が野鳥で、1割はコウモリやエゾリスなどの哺乳類という。

 今年度、9月末までに救護した72個体の9割は市民の生活圏に身近な小鳥で、ハクセキレイやゴジュウカラなどが目立つ。

 同センターは「傷の縫合や投薬、注射といった治療しかできない」とするが、傷病鳥獣の野生復帰率は一般的な動物病院で約2割とされる中、同センターでは約6割を誇る。大けがについては動物病院と連携して治療を受けられるほか、敷地内のリハビリ用ケージで、飛行や水辺に浮く練習をできる環境にあることも大きい。

 22日時点で屋内外で17個体が療養し、野生復帰のタイミングを調整中という。

 一方、救護数は14年度143個体、15年度138個体、16年度152個体、17年度151個体、18年度は129個体と減少傾向。野生鳥獣の生態についての市民理解の広がりや、不急の通報が減っていることも関係しているとみられる。

 同センターは09年ごろから、獣医師らによる市民や子ども向け講演会を精力的に開催。職員で、獣医師の山田智子さん(40)は「最近は巣立ち前で、飛ぶ力が弱いひなを路上で見掛けても近くで親鳥が見守っていることを知り、そっとしておく市民が増えてきた」と言う。

 例年、野鳥が渡りなどで動きを活発化させるこの時期、救護個体数は増える傾向にある。山田さんは「野鳥にとっては、どんな人間も脅威。明らかにけがをしている場合でなければ後ろを付いて歩いたりして刺激せず、見守る場合も距離を取ることを心掛けてほしい」と呼び掛ける。

翼にけがをしたコノハズクを診察する山田さん

関連記事

室蘭民報

中川(登別緑陽)女子単V、悔しさをばねに全国で健闘誓う 全道中学生新人バド..

 登別市緑陽中学校バドミントン部(間澤竹大、輪島隆史監督)の中川千咲音(2年)が、北見市で9日から行われた第39回北海道中学生新人バドミントン競技選手権大会・女子シングルスで準優勝し、第21回...

室蘭民報

ワンコインパス事業、利用回数想定の2.5倍 使い勝手の良さ評価【室蘭】

70歳以上、バス乗車1回100円  室蘭市のワンコインパスの1人当たりの利用回数が、当初想定の2・5倍に上る見通しになっている。昨年7月から取り組んでいる、70歳以上高齢者のバス利用促進を目的にした...

室蘭民報

オンラインで北の収穫祭 SNSで6企画展開、1日から【豊浦】

 地域の特産品が大集合して高い人気を誇る豊浦町の一大イベント「まるごと豊浦北の収穫祭」(同実施委員会主催)は第19回を迎える今回、オンラインで開催する。特産の活ホタテ販売など自宅で豊浦を感じ、楽...

室蘭民報

航空機エンジン部品試作で品質評価、課題確認 キメラ、トライアル結果報告【..

 航空機産業への参入を目指す精密金型加工のキメラ(室蘭市香川町、藤井徹也代表取締役)が、航空機エンジン部品の試作に挑んだトライアルの結果が26日に報告され、航空宇宙参入で重視される工程管理の実践...

苫小牧民報

氷の妖精クリオネ 「かわいい」今年も人気-道の駅ウトナイ湖・海鮮パーク

 道の駅ウトナイ湖(苫小牧市植苗)のすし店、海鮮パーク(滝本博代表)でオホーツク海に生息し「氷の妖精」と称されるクリオネが今年も展示された。半透明の小さな体で泳ぐ姿が来館者の人気を集めている。 ...