北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

大豆畑に点々…風味増すニオ積み【音更】

豆を畑で自然乾燥させる昔ながらのニオ積み作業(22日)

 日本一の豆の産地・十勝で大豆の収穫作業が最盛期を迎えている。刈り取り、脱穀を同時に行うコンバインによる収穫が主流だが、畑に積み上げて自然乾燥させる昔ながらの「ニオ積み」の光景も一部に残っている。

 JAおとふけ(笠井安弘組合長)では、音更町内の農家7軒が研究会をつくり、ニオ積みで生産している。特産の「音更大袖振大豆」は、青色大豆ならではの色味が特徴。畑で自然乾燥させることで色味がきれいに残り、風味など品質が均一化される。関東の有名豆腐店などからは、ニオ積み大豆の指定注文があり、今年も約10ヘクタールで栽培した。

 同町東音更の藤川征二さん(50)は、大豆を6ヘクタール育てる中、2.5ヘクタール分をニオ積みで出荷。機械で刈り取った豆を、正方形の板の上に丁寧に積み上げ、雨よけにブルーシートの“帽子”を掛けた。

 農業現場は機械化と人手不足で、十勝でもニオ積みはごくわずか。小麦の大型コンバインで大豆を刈る畑もある中、藤川さんは家族を中心に7、8人で作業する。「『よくやるね』と声を掛けられることがあるけど、(ニオ積み大豆を)欲しい業者がいるので、こだわりでやっている」と藤川さん。畑で10日ほど乾燥させて出荷する。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス