北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

港北中吹奏楽部が40年ぶり全国へ、演奏で恩返し【室蘭】

全国大会出場を決めた港北中吹奏楽部。東京での演奏を楽しみにしている

目指すは最優秀賞

 室蘭市港北中学校の吹奏楽部が11月、東京で開かれる第25回日本管楽合奏コンテスト(日本音楽教育文化振興会主催)に出場する。全国大会出場は1979年(昭和54年)以来40年ぶり。出場する部員たちは「応援してくれている全ての人に演奏で恩返しがしたい。目指すは最優秀賞です」と練習に励んでいる。

 同コンテストの中学校の部はこれまで35人以下が対象のA部門、36人以上のB部門しかなく、部員が毎年、十数人の港北中は予選落ちが続いていた。少子化に伴い少人数編成の吹奏楽部が増えているため新設された3~15人のS部門にエントリーしたところ、悲願の予選突破となった。

 吹奏楽コンクール全道大会の中学校C編成の部で本年度、金賞を受賞するなど少人数ながら実力を持つ港北中。録音した音源が9月の予選審査を通過し、全国16の出場校入りを果たした。本番は11月17日、文京区本郷の尚美バリオホールで開かれる。

 予選審査で演奏したのは、8月の全道大会で金賞を獲得した天野正道作曲「ストラクチュアⅢ」。少人数編成向けに編曲した一曲で現代風かつ緻密に構成された曲調は奏者の調整力が求められる難易度の高い曲として知られる。12人は自分たちなりの解釈で魅力的な演奏を届け、高い評価を得た。

 全国大会でも同じ曲を演奏する。顧問の鈴木慶紀教諭(40)は「部員一人一人の演奏技術が高く、少人数でも魅力的な演奏ができることを証明してくれた。部員にとって大きな機会になる」と話す。

 部長の3年生、清野さくらさん(15)は「東京のコンサートホールというあこがれの場所で演奏できる。多くの方々の協力があってこそで今は幸せな気持ちでいっぱい」と笑顔。その上で「東京で演奏するために支えてくださっている全ての人への感謝を忘れず頑張るのみです。3年生にとっては本当に最後の舞台になる。限られた日々を大切に過ごしたい」と意気込んでいる。

保護者会が寄付呼び掛け

 実に40年ぶりの全国大会出場という快挙を受け、港北中吹奏楽部保護者会(田中るみ子、松山尚美両会長)は、部員12人と引率教諭の上京に必要な経費130万円以上を捻出しようと、募金活動などを始めた。19、20の両日には部員や保護者が市内のスーパーで街頭募金活動に取り組んだほか、27日に輪西町の市民会館で開催する定期演奏会でも募る。少額寄付に特化したインターネット上のクラウドファンディングサイト「ポルカ」を利用した寄付の受け付けも始めた。

 寄付は金融機関からの振り込みでも受け付ける。振り込みは、室蘭信用金庫本輪西支店(普通預金口座6210038)で、口座名義は「港北中学校吹奏楽部保護者の会 会長 田中るみ子」。

関連記事

釧路新聞

コロナ禍の暗い雰囲気一掃、ツリー点灯【中標津】

  町総合文化会館前しるべっと広場のイルミネーションされた。いまだ収束しない新型コロナウイルスにより町内にまん延する暗い雰囲気を一掃する輝きとして、町民の目を楽しませている。  このツリーは20...

苫小牧民報

日ハムドラ1 伊藤投手が仮契約 「プロの実感湧いている」 プロ野球

プロ野球北海道日本ハムファイターズのドラフト1位指名、伊藤大海投手(23)=苫小牧駒沢大野球部=は1日、苫小牧市内で同球団との入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1500万円(いずれ...

苫小牧民報

発熱検査センター開設1カ月 積極的検査で抑え込み 1日平均17人

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、「苫小牧発熱検査センター」と「小児発熱検査センター」を開設してから2日で1カ月が過ぎた。発熱検査センターは1日当た...

苫小牧民報

日本管楽合奏コンテスト高校S部門で最優秀賞 鵡川高吹奏楽部「レベル高い演..

鵡川高校吹奏楽部が2020(第26回)日本管楽合奏コンテスト・高校S部門(3~15人編成)で最優秀賞に輝いた。3年生の鈴木楓香部長(17)は「すごくうれしい。1曲に全部を詰め込む勢いでやってきて、...

日高報知新聞

出汁の取り方と料理【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の「日高昆布のお出汁(だし)講座」が11月29日、20人が参加して町博物館多目的集会室で開かれ、コンブの最適な出汁の取り方を学んだ。  町博物館では、来年1月31日まで開催中の第6...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス