北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

知利別で大型宅地分譲、日鉄社宅跡地の63区画【室蘭】

住宅用地として販売されている分譲地=知利別町4

 室蘭市の商業施設モルエ中島(中島本町)を運営する総合ディベロッパーの日鉄興和不動産室蘭事業所(鈴木誠治所長)は、知利別町4の日本製鉄室蘭製鉄所の社宅跡地1万7455平方メートルを取得し、63区画の分譲宅地として開発した。造成は今月11日までに完了し、住宅用地を販売している。「街づくりガイドライン」に基づき、景観に配慮した住宅地形成を進める。26、27日に「スタートアップフェア」を開く。

 分譲地名は「リビオ知利別テラスタウン」。「地球(テラ)」の「明日(あす)」を「照らす」街になるように―との願いを込めた。造成工事は建設会社のアサヒ建設(室蘭)と北都建設(登別)が特別共同企業体(JV)を組んで手掛けた。

 事業比率は同不動産100%。既に15区画が売れており、モデルハウスを7棟建設する。1戸当たりの敷地面積は198~293平方メートル。価格は680~1060万円。同製鉄所関連の社員・家族らを含め、新たに定住世帯を呼び込みたい狙いだ。

 1区画当たりの面積は「家族で住みやすいように」と適切な広さを算出。建築条件付きで販売し、提携ハウスメーカー7社が建てる。家族構成に応じた設計プランを用意している。

 「エコタウン」をコンセプトにガイドラインを設定。(1)住宅内のエネルギーを機器につなぎ、稼働状況を監視・制御するHEMS(ヘムス)導入(2)シンボルツリー(ヤマボウシ)植樹(3)発光ダイオード(LED)夜間常夜灯設置―による良好な住環境を整備する。

 新たな分譲地は、モルエ中島まで約2・3キロで利便性が高い。近隣にはスーパーやコンビニエンスストア、公園、郵便局、個人医院があり、周辺には幼稚園、小中学校などの施設がある。

 26、27日の2日間、午前10時から午後5時まで現地ツアーなどのイベント「スタートアップフェア」を開く。モデルハウスブース(計5ブース)を見学するスタンプラリーを行い、参加者にはクオカード(1社500円分)がプレゼントされる。

 同事業所の居村翔太さんは「見晴らしの良い区画から売れている。人気の知利別町地域で区画面積も生活を考慮した内容となっている。子育て世帯にお薦めしたい」と話している。

関連記事

釧路新聞

コロナ禍の暗い雰囲気一掃、ツリー点灯【中標津】

  町総合文化会館前しるべっと広場のイルミネーションされた。いまだ収束しない新型コロナウイルスにより町内にまん延する暗い雰囲気を一掃する輝きとして、町民の目を楽しませている。  このツリーは20...

苫小牧民報

日ハムドラ1 伊藤投手が仮契約 「プロの実感湧いている」 プロ野球

プロ野球北海道日本ハムファイターズのドラフト1位指名、伊藤大海投手(23)=苫小牧駒沢大野球部=は1日、苫小牧市内で同球団との入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1500万円(いずれ...

苫小牧民報

発熱検査センター開設1カ月 積極的検査で抑え込み 1日平均17人

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、「苫小牧発熱検査センター」と「小児発熱検査センター」を開設してから2日で1カ月が過ぎた。発熱検査センターは1日当た...

苫小牧民報

日本管楽合奏コンテスト高校S部門で最優秀賞 鵡川高吹奏楽部「レベル高い演..

鵡川高校吹奏楽部が2020(第26回)日本管楽合奏コンテスト・高校S部門(3~15人編成)で最優秀賞に輝いた。3年生の鈴木楓香部長(17)は「すごくうれしい。1曲に全部を詰め込む勢いでやってきて、...

日高報知新聞

出汁の取り方と料理【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の「日高昆布のお出汁(だし)講座」が11月29日、20人が参加して町博物館多目的集会室で開かれ、コンブの最適な出汁の取り方を学んだ。  町博物館では、来年1月31日まで開催中の第6...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス