北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

怖い寄生虫アニサキス、保健所がチカ生食の注意訴え【室蘭】

平日もチカを求める釣り人でにぎわっている室蘭通船前の岸壁

 室蘭港内ではチカが入れ食いだ。室蘭通船(海岸町)前の岸壁などは平日にも関わらず多くの釣り人たちでにぎわっている。チカは天ぷらやフライ、一夜干し、つくだ煮や甘露煮とさまざまな料理で楽しめる一方、刺し身や昆布締めなどを生食したことによる寄生虫の被害も聞かれる。胆振総合振興局保健環境部保健行政室(室蘭保健所)は「火を通すか冷凍することが有効。生食する場合は、寄生虫がいないことを確認することが大事」と訴える。

 チカの内臓にはアニサキスの幼虫が寄生している場合があり、寄生している魚が死んで時間が経過すると筋肉に移動することが知られている。幼虫に気付かず食べることで、早ければ数時間後、遅くとも1日以内に激しい胃痛や下腹部の痛みにさいなまれる食中毒(アニサキス症)を引き起こすという。

 同室生活衛生課食品保健係の越山祐美子係長は「魚種を特定しているわけではないが、近年アニサキスによる食中毒は全道的にも増加している」とした上で、対策として「70度以上での加熱、またはマイナス20度以下で24時間以上冷凍することが有効」と強調。「魚が新鮮な間は内臓から出てこない。魚が生きているうちに内臓を処理することが重要。生食する場合は、光に照らすなどして寄生虫がいないかを目視で確認すること」と注意を呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

ワイン城動画 海渡る 町出身の八木さん制作【池田】

 池田町出身の農業八木賢太郎さん(37)=帯広市在住=が撮影・編集したワイン城のPR動画が25日から、日本政府観光局(JNTO)のシンガポール、マレーシア・クアラルンプール両事務所のフェイスブック...

十勝毎日新聞

「邪神ちゃん」声優が市訪問 ばんえいコラボ【帯広】

 帯広市がふるさと納税を活用して制作する人気アニメ「邪神ちゃんドロップキック」の帯広編に関連し、同アニメとばんえい競馬の連携イベント(帯広市主催)が28日に開かれた。アニメに出演する声優による帯広...

十勝毎日新聞

スマホ通学定期を導入 窓口手続きいらず 十勝バス【帯広】

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が26日から、スマートフォンがチケット代わりになる通学定期券の販売を一部路線で始めている。全国の交通機関で利用があるアプリ「バスもり!」を活用した。通学定期券の販...

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス