北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

1日に2杯の牛乳を 認知症予防テーマに講演 札医大の齊藤医師【帯広】

「帯広でも1日に1人ずつ認知症の人や軽度認知障害の人が増えている」と話す齊藤医師

 札幌医科大学医学部・神経内科学講座講師の齊藤正樹医師による医療セミナー「十勝でいきいき、みんなができる認知症の予防と最新治療~牛乳の効能を見直して、脳とからだを若返らせよう」が30日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。十勝でも認知症患者が増える状況と併せ、予防法を伝える齊藤氏の話に、約300人が耳を傾けた。

 十勝毎日新聞社が同大との包括連携協定事業の一環として主催した。齊藤氏は1992年札幌医科大学卒。同大神経内科、砂川市立病院神経内科・脳神経センター医長などを経て、19年に同大医学部神経内科学講座講師。認知症、脳卒中を専門領域としている。

 講演では「年を取ると誰しも、もの忘れや意欲の低下などが出てきて、度が過ぎると認知症と診断される」と説明。さらに「帯広には65歳以上の高齢者が4万6000人いて、認知症の人が6996人、さらに認知症予備軍が6000人いる。8年前の数字と比較して計算すると、1日に1人ずつ認知症や軽度認知障害の人が増えていることになる」と現状を示した。

 齊藤氏は「それでも何とかなると考えてほしい」とし、「適度な運動や栄養の摂取が認知症の原因となるフレイルやサルコペニアを防ぐ」「牛乳には筋肉のもとになる成分がたくさん入っている。健康な体を維持するために1日にコップ2杯は飲んでほしい」と語った。

関連記事

釧路新聞

SL冬の湿原号今季最終運行

横断幕を掲げSLを出迎えるメンバーたち 今季最終運行で鉄道愛好家団体 JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」(釧網線釧路―標茶間)の今季の最終運行日となった2月28日、鉄道愛好家でつくる釧路臨港...

日高報知新聞

2021年度ホッカイドウ競馬開催日程

 2021年度のホッカイドウ競馬は4月14日に開幕し、11月4日が最終日。前年度と同じ82日間(15開催)で、全日程をナイター開催する。重賞9レースの1着本賞金を引き上げるほか、一般・特別レースの...

日高報知新聞

廃線の浦河駅で写真展「日高本線の軌跡~浦河に鉄道がある情景~」

 浦河町立郷土博物館主催の企画展「写真展 日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景」が、2月27日から昌平駅通のJR浦河駅待合室で開かれている。入場無料。  JR日高線(鵡川―様似間)は3月末日に廃止...

室蘭民報

室蘭に「春」到着 本州産花木、生花店に入荷【室蘭】

 室蘭市内の生花店に、本州産の春の花木が続々と入荷。厳しい寒さが続く室蘭にも、間もなく春が訪れることを告げている。室蘭市中島町のグリンデパート内にある花のあずまや本店では、モモやサンシュユ、ヤナ...

室蘭民報

亘理伊達家のお雛様 あすから企画展【伊逹】

 だて歴史文化ミュージアム(伊達市梅本町)で2日から企画展「亘理伊達家のお雛(ひな)様」が始まる。旧仙台藩亘理伊達家歴代の姫たちが嫁入り道具として持ち込んだ江戸時代の雛人形約40体などを展示する...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス