北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

1日に2杯の牛乳を 認知症予防テーマに講演 札医大の齊藤医師【帯広】

「帯広でも1日に1人ずつ認知症の人や軽度認知障害の人が増えている」と話す齊藤医師

 札幌医科大学医学部・神経内科学講座講師の齊藤正樹医師による医療セミナー「十勝でいきいき、みんなができる認知症の予防と最新治療~牛乳の効能を見直して、脳とからだを若返らせよう」が30日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。十勝でも認知症患者が増える状況と併せ、予防法を伝える齊藤氏の話に、約300人が耳を傾けた。

 十勝毎日新聞社が同大との包括連携協定事業の一環として主催した。齊藤氏は1992年札幌医科大学卒。同大神経内科、砂川市立病院神経内科・脳神経センター医長などを経て、19年に同大医学部神経内科学講座講師。認知症、脳卒中を専門領域としている。

 講演では「年を取ると誰しも、もの忘れや意欲の低下などが出てきて、度が過ぎると認知症と診断される」と説明。さらに「帯広には65歳以上の高齢者が4万6000人いて、認知症の人が6996人、さらに認知症予備軍が6000人いる。8年前の数字と比較して計算すると、1日に1人ずつ認知症や軽度認知障害の人が増えていることになる」と現状を示した。

 齊藤氏は「それでも何とかなると考えてほしい」とし、「適度な運動や栄養の摂取が認知症の原因となるフレイルやサルコペニアを防ぐ」「牛乳には筋肉のもとになる成分がたくさん入っている。健康な体を維持するために1日にコップ2杯は飲んでほしい」と語った。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...