北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

1日に2杯の牛乳を 認知症予防テーマに講演 札医大の齊藤医師【帯広】

「帯広でも1日に1人ずつ認知症の人や軽度認知障害の人が増えている」と話す齊藤医師

 札幌医科大学医学部・神経内科学講座講師の齊藤正樹医師による医療セミナー「十勝でいきいき、みんなができる認知症の予防と最新治療~牛乳の効能を見直して、脳とからだを若返らせよう」が30日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。十勝でも認知症患者が増える状況と併せ、予防法を伝える齊藤氏の話に、約300人が耳を傾けた。

 十勝毎日新聞社が同大との包括連携協定事業の一環として主催した。齊藤氏は1992年札幌医科大学卒。同大神経内科、砂川市立病院神経内科・脳神経センター医長などを経て、19年に同大医学部神経内科学講座講師。認知症、脳卒中を専門領域としている。

 講演では「年を取ると誰しも、もの忘れや意欲の低下などが出てきて、度が過ぎると認知症と診断される」と説明。さらに「帯広には65歳以上の高齢者が4万6000人いて、認知症の人が6996人、さらに認知症予備軍が6000人いる。8年前の数字と比較して計算すると、1日に1人ずつ認知症や軽度認知障害の人が増えていることになる」と現状を示した。

 齊藤氏は「それでも何とかなると考えてほしい」とし、「適度な運動や栄養の摂取が認知症の原因となるフレイルやサルコペニアを防ぐ」「牛乳には筋肉のもとになる成分がたくさん入っている。健康な体を維持するために1日にコップ2杯は飲んでほしい」と語った。

関連記事

根室新聞

桐沢享さん 地元の風景描いたスケッチ20選を展示【根室】

 長年にわたって根室地方の風景を描いている桐沢享さん(85)の「根室100景スケッチ展」が、27日から市図書館2階集会室で開かれる。5月から9月にかけて本紙に連載した100景とは別に描いた新作2...

苫小牧民報

引っ越しピークに 災害公営住宅が完成-厚真

 災害公営住宅の入居対象は、地震により自宅が全壊した世帯。町では3地区で計32戸の災害公営住宅を整備した。  このうち公開した新町地区は2LDK(床面積75平方メートル前後)と3LDK(延べ床...

名寄新聞

サバイバルゲームin名寄・雨天でも来場者でにぎわう【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会による「サバイバルゲームin名寄」が24日、名寄ピヤシリスキー場特設会場で開かれた。万全の感染症予防対策の下、全道各地からの出場選手約190人をはじめ、多くの観客でにぎ...

日高報知新聞

全国大会で上位目指す

 18日に札幌市南区のほくせい乗馬クラブで開かれた第40回北海道乗馬スポーツ少年団交流馬術大会第7競技の北海道乗馬少年団選手権競技(JEF小障害A競技、高さ100㌢幅120㌢以内)で浦河乗馬スポーツ少...

日高報知新聞

鵡川―様似 来年4月廃止

【日高】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)とJR北海道による「JR日高線鉄道事業廃止に伴う同意及び覚書締結式」が23日、門別総合町民センターで開かれ、災害で運休中のJR日高線鵡川―様似間(116...