北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

1日に2杯の牛乳を 認知症予防テーマに講演 札医大の齊藤医師【帯広】

「帯広でも1日に1人ずつ認知症の人や軽度認知障害の人が増えている」と話す齊藤医師

 札幌医科大学医学部・神経内科学講座講師の齊藤正樹医師による医療セミナー「十勝でいきいき、みんなができる認知症の予防と最新治療~牛乳の効能を見直して、脳とからだを若返らせよう」が30日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。十勝でも認知症患者が増える状況と併せ、予防法を伝える齊藤氏の話に、約300人が耳を傾けた。

 十勝毎日新聞社が同大との包括連携協定事業の一環として主催した。齊藤氏は1992年札幌医科大学卒。同大神経内科、砂川市立病院神経内科・脳神経センター医長などを経て、19年に同大医学部神経内科学講座講師。認知症、脳卒中を専門領域としている。

 講演では「年を取ると誰しも、もの忘れや意欲の低下などが出てきて、度が過ぎると認知症と診断される」と説明。さらに「帯広には65歳以上の高齢者が4万6000人いて、認知症の人が6996人、さらに認知症予備軍が6000人いる。8年前の数字と比較して計算すると、1日に1人ずつ認知症や軽度認知障害の人が増えていることになる」と現状を示した。

 齊藤氏は「それでも何とかなると考えてほしい」とし、「適度な運動や栄養の摂取が認知症の原因となるフレイルやサルコペニアを防ぐ」「牛乳には筋肉のもとになる成分がたくさん入っている。健康な体を維持するために1日にコップ2杯は飲んでほしい」と語った。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...