北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

町消防本部など防災ヘリコプターで救助する合同訓練【白老】

担架に乗せられた傷病者をつり上げる防災ヘリ

山菜採り中けが→防災ヘリ出動→救助→つり上げ→救急車へ

 山菜採りの傷病者を防災ヘリコプターで救助する合同訓練(白老町消防本部、北海道防災航空室主催)が6日、白老町北吉原の白老滑空場で行われた。

 白老町消防本部職員約20人と丘珠から飛び立った防災ヘリコプター「はまなす2号」に搭乗した3人が訓練に参加。まず同消防本部が防災ヘリの出動を要請、およそ20分で同滑空場に着陸した。同消防本部職員3人が防災ヘリに乗り込み、傷病者を救助、同航空室職員が担架に乗せられた傷病者を地上約20メートルの防災ヘリにつり上げた。

 その後、救急車に傷病者を収容した。白老では今春、山で滑落した男性を道警ヘリが救助した。同消防本部は合同訓練の成果を今後の活動につなげていくことにしている。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス