北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

中央町の商店街に廃材で遊べる雑貨店がオープン【室蘭】

10月にオープンしたハンドメイドショップぴんくのパんだ

 廃材で遊べる雑貨店「ハンドメイドショップぴんくのパんだ」が10月に室蘭市中央町1の商店街にオープンした。店主は廃材クリエーターの菅原佳奈枝さん(47)。「子どもから大人まで遊びに来て」と呼び掛けている。

 1階は委託作家18人の作製したピアスやネックレスのアクセサリー、布や皮製の小物などを並べた。今後クジラや白鳥大橋をモチーフにご当地雑貨のコーナーを充実させる。趣味で釣り具(ルアー)も展示した。

 2階は廃材を自由に使って工作や手芸を楽しめる。毛糸やビーズ、木工、布のほか、ボンドやハサミ、針、ミシンなどを用意。来店客は無料で廃材を使い、工作などができる。材料や昼食の持ち込みもできるという。

 白鳥台の商業施設内で雑貨店をしていたが、「自分でデザインしたお店を持ちたい」と移転した。オープンでは市職員の協力も得た。菅原さんは「使われなくなった素材を再利用し、好きな形に変えることができるのが廃材の魅力。人が集まり、くつろげる場所になれば」と話した。

 午前11時~午後6時(延長あり)。定休日は火曜日。臨時休業は交流サイト「フェイスブック」で周知する。問い合わせは菅原さん、携帯電話070・6602・5087へ。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...