北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

幻想的な空間楽しもう 苫小牧駅前でイルミネーション-12月1日から

昨年行われたドーム型のイルミネーション。今年はさらに規模を大きくする=2018年12月

 冬の夜空の下で輝く幻想的なイルミネーションを楽しもう―。苫小牧市は昨年に続き、今年もJR苫小牧駅南口駅前広場のイベント「とまイルスクエア」を開催する。LED(発光ダイオード)電球の数を15%増やし、明るさやきれいさをパワーアップ。期間も約3週間延長し、12月1日から来年2月14日まで開催する。駅前商店街の協力で抽選会やSNS(インターネット交流サイト)フォトコンテストも企画するなど中心街の活性化を図る。

 市によると、昨年の来場者アンケートで全体の96%が継続を要望。こうした声を踏まえ、今年度は事業費として約1100万円を計上し開催する。

 会場の駅前広場にはドーム型のイルミネーション(全長27・5メートル、高さ3・5メートル、幅10・8メートル)を設置。LED電球は昨年度より1万6000球増やして11万球にする。電力は数分置きに音楽に合わせて色合いが変わり、羽やハート、ジュエリーフラワーの形をした記念撮影スポットも設ける。午後4時から午後11時まで(2月は午後5時から)。

 初日の12月1日は午後4時に点灯式を開催。苫小牧東小学校ブラスバンド同好会の演奏やダンススクールのパフォーマンスを披露する。移動販売車も出店し会場を盛り上げる。

 開催期間中はSNSフォトコンテストを実施し、受賞者には豪華賞品を贈る。また、駅前商店街では指定された店で買い物するとギフトカードなどが当たる抽選会も実施。来年1月6日からは、市内7カ所の洋菓子店でとまイルをイメージしたスイーツを期間限定販売する。

 市総合政策部まちづくり推進室は「昨年は駅を利用しない人が大勢訪れ、駅前の夜が明るくなったと喜びの声もあった。商店街への経済効果も促したい」と話す。

 苫小牧駅前通商店街振興組合の秋山集一理事長は「昨年度は中心街のにぎわい創出に一定の効果があった。商店街で買い物しやすいよう、抽選会をアピールしたい」と期待を寄せている。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝の花」知って 情熱と誇りと【十勝】

 道の花き振興条例や「北海道花の日」(8月7日)の制定を受け、管内の切り花生産者らは「十勝の花」の認知度が向上することに期待を寄せている。畑作と畜産が圧倒的に主力の十勝で、花き栽培は地域農業の多様...

十勝毎日新聞

インターアクトクラブ40年ぶり復活 大谷高生が奉仕活動【帯広】

 帯広北ロータリークラブ(RC、関口亘会長)は組織内に、12~18歳のメンバーで構成する「インターアクトクラブ」を立ち上げた。帯広大谷高校のボランティア部や生徒会の生徒らが所属し、社会人や大学生...

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

鮮やかな青に「月島機械」 ラッピングバスお披露目【室蘭】

道南バス、きょうから運行  道南バス(室蘭市東町)は11日、環境プラント・産業機械の月島機械(東京)のラッピングバスをお披露目した。きょう12日から市内3路線で運行する。  車体の前後と側面を...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...