北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

共通点はシーベリー キルギスと士幌の特産品アピール【士幌】

 シーベリーを特産品とした共通点を持つ、町とキルギスの交流イベントが、23、24の両日午前10時から町内の道の駅で開かれる。2日間を通じてキルギスの風土や文化を学ぶ、シーベリーを味わう、シーベリーの魅力を体験する内容となっている。

「シーベリーの魅力を知って」と話す堀田社長(左)と古茂田さん

 駅内でレストランなどを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)の主催。キルギスでは加工技術が発展途上にあり、シーベリーを使った食品加工に取り組む士幌高校に研修員が訪れたり、同校の生徒とキルギスの農業技術学校の学生がスカイプ(インターネット電話サービス)で交流したりするなど親交がある。

 そうした経緯を踏まえ、堀田社長が両地域の関わりをより深めるためのイベントを企画し、JICA(国際協力機構)北海道(帯広)に持ち掛けた。町下居辺でシーベリーを栽培している酒井ハスカップ園に協力を依頼し、シーベリーを提供してもらうことに。町地域おこし協力隊員の古茂田紫乃さん(30)にも元青年海外協力隊だった縁でJICA側から声が掛かり、現在は堀田社長らと準備を進めている。

 当日は「シーベリーDAY!!」と題し、カフェ寛一ではシーベリーを使ったスムージー(540円)、にじいろ食堂でキルギスの代表料理「ラグマン」のランチ(1200円)を提供する。美容効果が高いとされるシーベリーオイルを使ったハンドクリーム作り体験もあり、古茂田さんの指導で行う。各日定員20人前後で、体験料は1000円。予約可。このほか、町とキルギスの関連事業を紹介するパネル展示、キルギスの文化や歴史などが分かるスライドショーを放映する。

 堀田社長は「シーベリーは“ビタミンエース”と呼ばれるほど栄養価が高く、注目度の高い果実。町内での知名度向上につなげたい」と意気込んでいる。両日とも午後3時まで。問い合わせは同社(01564・5・5111)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...