北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

共通点はシーベリー キルギスと士幌の特産品アピール【士幌】

 シーベリーを特産品とした共通点を持つ、町とキルギスの交流イベントが、23、24の両日午前10時から町内の道の駅で開かれる。2日間を通じてキルギスの風土や文化を学ぶ、シーベリーを味わう、シーベリーの魅力を体験する内容となっている。

「シーベリーの魅力を知って」と話す堀田社長(左)と古茂田さん

 駅内でレストランなどを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)の主催。キルギスでは加工技術が発展途上にあり、シーベリーを使った食品加工に取り組む士幌高校に研修員が訪れたり、同校の生徒とキルギスの農業技術学校の学生がスカイプ(インターネット電話サービス)で交流したりするなど親交がある。

 そうした経緯を踏まえ、堀田社長が両地域の関わりをより深めるためのイベントを企画し、JICA(国際協力機構)北海道(帯広)に持ち掛けた。町下居辺でシーベリーを栽培している酒井ハスカップ園に協力を依頼し、シーベリーを提供してもらうことに。町地域おこし協力隊員の古茂田紫乃さん(30)にも元青年海外協力隊だった縁でJICA側から声が掛かり、現在は堀田社長らと準備を進めている。

 当日は「シーベリーDAY!!」と題し、カフェ寛一ではシーベリーを使ったスムージー(540円)、にじいろ食堂でキルギスの代表料理「ラグマン」のランチ(1200円)を提供する。美容効果が高いとされるシーベリーオイルを使ったハンドクリーム作り体験もあり、古茂田さんの指導で行う。各日定員20人前後で、体験料は1000円。予約可。このほか、町とキルギスの関連事業を紹介するパネル展示、キルギスの文化や歴史などが分かるスライドショーを放映する。

 堀田社長は「シーベリーは“ビタミンエース”と呼ばれるほど栄養価が高く、注目度の高い果実。町内での知名度向上につなげたい」と意気込んでいる。両日とも午後3時まで。問い合わせは同社(01564・5・5111)へ。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...