北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

農業災害対策とICT

農地災害復旧事業について講話する佐竹課長

 日高地区情報化推進議員ネットワーク(会長・竹中進一新冠町議)の「農業災害対策とICT研修会」が25日、新ひだか町の地域交流センターピュアプラザで開かれた。管内各町の町議や農業担当職員、農協職員ら約20人が参加し、農地災害復旧事業などについて理解を深めた。

 同ネットワークは、情報通信のインフラ整備が遅れている日高管内の高度情報化の整備促進を図るため、平成26年に発足以来、講師を招いてICT(情報通信技術)に関するセミナーなどの勉強会を開催し、今年は「防災とICTの利活用」をメーンテーマに活動している。

 講師の日高振興局、佐竹和幸農村振興課長は、降雨や洪水、暴風、地震などの災害で被害を受けた農地・農業用施設の災害復旧事業費を国などが補助する農地災害復旧事業について、補助を受けるまでの複雑な手続きを分かりやすく説明した。

 これまで道と都府県では差があった農地復旧限度額については、今年6月に全国一律に見直された。20㌃の水田が700万円の被害を受けた場合、これまで1㌃当たり6万7千円計134万円が補助限度額だったが、6月からは1㌃当たり38万6千円計772万円と、基本補助率50%、激甚災害指定補助率90%の満額を補助されるようになったことなどを解説した。

 災害復旧事業の流れは、災害が発生してから概ね3週間以内。激甚災害となる見込みがある場合は概ね2週間以内に、被害報告(確定)を行わなければ事業の対象にならないことを指摘。「被害報告は様式が決まっていて難しいものではないので、後から激甚災害に指定されてもいいよう、必ず2週間以内にしてほしい」と話した。

 このほか、事業の中でICTを活用できることとして、衛星写真や航空写真などを背景図に、その上に地番図、耕区図、水利施設、区域図などの図形を重ねて表示できる「水土里情報システム(GIS)」を農地面積算定と平面図の基図とすることが可能なことなどを紹介した。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...