北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

農業災害対策とICT

農地災害復旧事業について講話する佐竹課長

 日高地区情報化推進議員ネットワーク(会長・竹中進一新冠町議)の「農業災害対策とICT研修会」が25日、新ひだか町の地域交流センターピュアプラザで開かれた。管内各町の町議や農業担当職員、農協職員ら約20人が参加し、農地災害復旧事業などについて理解を深めた。

 同ネットワークは、情報通信のインフラ整備が遅れている日高管内の高度情報化の整備促進を図るため、平成26年に発足以来、講師を招いてICT(情報通信技術)に関するセミナーなどの勉強会を開催し、今年は「防災とICTの利活用」をメーンテーマに活動している。

 講師の日高振興局、佐竹和幸農村振興課長は、降雨や洪水、暴風、地震などの災害で被害を受けた農地・農業用施設の災害復旧事業費を国などが補助する農地災害復旧事業について、補助を受けるまでの複雑な手続きを分かりやすく説明した。

 これまで道と都府県では差があった農地復旧限度額については、今年6月に全国一律に見直された。20㌃の水田が700万円の被害を受けた場合、これまで1㌃当たり6万7千円計134万円が補助限度額だったが、6月からは1㌃当たり38万6千円計772万円と、基本補助率50%、激甚災害指定補助率90%の満額を補助されるようになったことなどを解説した。

 災害復旧事業の流れは、災害が発生してから概ね3週間以内。激甚災害となる見込みがある場合は概ね2週間以内に、被害報告(確定)を行わなければ事業の対象にならないことを指摘。「被害報告は様式が決まっていて難しいものではないので、後から激甚災害に指定されてもいいよう、必ず2週間以内にしてほしい」と話した。

 このほか、事業の中でICTを活用できることとして、衛星写真や航空写真などを背景図に、その上に地番図、耕区図、水利施設、区域図などの図形を重ねて表示できる「水土里情報システム(GIS)」を農地面積算定と平面図の基図とすることが可能なことなどを紹介した。

関連記事

日高報知新聞

俵かつぎや歌謡ショー【新冠】

【新冠】新冠の夏を盛り上げる「第22回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が14、15の両日、JR新冠駅前広場などを会場に開かれた。2日間で前年より1000人多い1万5000人(主催者発表)が来場し、...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河・様似】

 平成29年の販売額が4億円と全国一の生産量を誇る夏イチゴを住民にアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチ...

苫小牧民報

「むかわ竜」使用中止を竹中町長に要請書 化石発見地・穂別地区で名称変更の..

 むかわ町穂別地区で発掘され、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、道内外各地の旧穂別町出身者でつくる「町外から化石の里ほべつを応...

苫小牧民報

北朝鮮の木造船を解体処理 補助事業活用は道内初―苫小牧市

 昨年5月に苫小牧沖で漂流する北朝鮮籍の木造船が見つかり、苫小牧市が苫小牧港・西港区の南埠頭(ふとう)付近で保管していた同船の解体作業が18日午前に行われた。市の依頼を受けた苫小牧清掃社の社員2...

十勝毎日新聞

貸自転車の利用2割増 駅新バス待合所開業で【帯広】

 JR帯広駅前で貸し出されているレンタサイクルの利用が好調だ。5月に駅前の待合所「バスターミナルおびくる」がオープンして以降、利用者が急増。観光案内の機能も持ち合わせる施設で貸し出しを行うことで、...