北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

中井英策商店がいずしに最高級和牛を使用し試験販売【伊達】

伊達の中井英策商店が販売をスタートした「ビーフズーシー」

「ビーフー・ズーシー」試験販売

 伊達市南稀府町の中井英策商店(及川昌弘代表取締役社長)は、最高級ブランド和牛肉をこうじ漬けした「ビーフ・ズーシー」を開発、試験販売した。何度も試行錯誤を重ね、いずしの固定観念を取り払った逸品だ。及川社長は「いずしの文化に若い人が注目するきっかけになれば」と期待する。

 2年ほど前、同商店の看板商品「キンキのいずし」の大ファンという肥育一貫で有名な長沼ファーム(長沼町)の森崎睦博社長から「うちの肉でいずしができないか」との話しがあったのが始まりだ。

 長沼ファームの牛肉は、ほぼA5ランクの最高級「馬追(まおい)和牛」。この肉をジャーキーに加工し、表面をあぶり、米や野菜、こうじで重ね漬けして、3週間ほど発酵熟成。脂臭さを消すために野菜も慎重に選び試作を重ねた。

 セロリやタマネギが入り「イタリアンっぽく仕上げた」(及川社長)。牛肉の脂のしつこさは抑えられ、こうじにより、うま味が引き出され、驚くほどまろやかな味に変わった。

 名称はビーフ・ジャーキーをもじって、肉と寿司(すし)の意味を込め「ビーフ・ズーシー」。今月10日から試験的に同商店と通信販売のみで取り扱っている。反応を見ながら量産化を進めたいという。

 及川社長はいずしの消費が落ちていることなどに触れ「この機会に見て、食べて、いずしに興味を持ってもらえれば」と話している。値段は200グラム、1970円(税別)。問い合わせは同商店、電話0142・24局2934番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...

十勝毎日新聞

清水の「牛とろ丼」は準優勝 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 ご当地丼料理の日本一を競う「第11回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が19日、会場の東京ドームで行われた。8回目の出場となった十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」は、...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...