北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ゆかりの地で歴史に触れ・北海道「先人カード」を作製【名寄】

なよろ市立天文台で配布している木原氏のカードとチラシ

 北海道では、先人たちを訪ねながら、ゆかりの地で歴史に触れる「先人カード」を作製。名寄市では、現在のなよろ市立天文台「きたすばる」の基礎を築いた木原秀雄氏がカードとなっており、同天文台で配布している。

 道総合政策部が主体となって実施。北海道の歴史や文化をたどる「先人カードめぐり」を企画し、道内各地の先人たちのゆかりの地を巡る新しい旅を提案している。

 各市町村にゆかりのある先人たちのカードを全道97カ所で配布しており、カードの表面に名前と顔写真、裏面には解説が掲載されている。

 名寄市の木原秀雄氏をはじめ、北海道の名付け親である松浦武四郎氏、天塩川流域では、士別市が市内の開拓に貢献した屯田兵の名越源五郎氏(作製中)、音威子府村は村内に住んでいた彫刻家の砂澤ビッキ氏(作製中)。旭川市では作家の三浦綾子氏や井上靖氏などがカードとなっている。

 木原秀雄氏のカードは、なよろ市立天文台で配布。配布時間は開館時間と同じで午後1時から午後8時まで。配布枚数は各市町村で1000枚。一人につき1枚まで。

 また、来年2月24日までキャンペーンを実施しており、3枚を集めると抽選で200人にアイヌ文様の入ったオリジナルトートバッグ、5枚を集めると抽選で50人にオリジナルステンレスタンブラーが当たる。

 キャンペーンが終了した後もカードは配布し、各施設でカードがなくなり次第終了となる。

 その他のカードや配布場所などの詳細は、道総合政策部総務課「北海道の歴史・文化を辿る『先人カードめぐり』」のホームページまで。(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/sum/senjin/index.htm

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...