北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

今年も「まちチョコ」 4種類を販売開始【陸別】

 陸別町振興公社(金子信行代表)は、町のキャラクター「しばれ君」と「つららちゃん」をモチーフにしたパッケージデザインの冬季限定「まちチョコ」の販売を開始した。

販売が始まった新バージョンの「まちチョコ」

 まちチョコは2013年から、パッケージの写真を公募するなどして販売。フェアトレード(公平貿易)によるチョコを使用している。

 今回は町地域おこし協力隊員の日向優さんがデザインを担当。しばれ君とつららちゃんがスケートをしたり紅葉を見上げたりしている様子などを描いた。ミルク、ホワイト・アーモンド、ヘーゼルナッツ、抹茶ホワイト・ライスキノアパフの4種類を販売している。

 1個50グラムで価格は350円。4個セットは1480円(箱代80円を含む)。道の駅オーロラタウン93りくべつ内の町観光物産館、銀河の森天文台、エーコープりくべつ店で扱っている。町振興公社が運営する観光物産館の谷口和華子さんは「陸別の魅力を伝える商品で、ぜひ手に取ってほしい」と話している。

写真パッケージ13種類来月発売

 公募で選ばれた写真をパッケージに使う「まちチョコ」は、今年度は12月中旬に販売を予定している。シナモンやオレンジなど13種類の味を楽しめる。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...