北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

土砂災害減らせ…減災シンポジウムで研究者ら講演【洞爺湖】

土砂災害を減らすための対応や対策を考えたシンポジウム

火山地域の対策考える

 2019年度土砂災害減災シンポジウムが21日、洞爺湖町洞爺湖温泉の洞爺湖文化センターで開かれた。大学の研究者や民間技術者、行政の担当者ら約250人が、講演やパネルディスカッションなどを通して、土砂災害を減らすために必要な対応や対策を考えた。

 洞爺湖町、北海道開発局、北海道、砂防学会北海道支部の共催。2000年(平成12年)の有珠山噴火直後の土砂災害対応で得た経験・知識や研究と技術開発の成果を踏まえ、今後の対応手法を共有、住民への周知を目的に開催した。

 北海道総合研究機構理事で北海道大学名誉教授の丸谷知己氏が「北海道の火山地域における土砂災害の減災戦略」と題して特別講演を行った。

 丸谷氏は“火山噴火(噴石)”による噴火災害と“火山地域”における噴火災害を整理して考える必要性を示し、火山災害について「火山と地震と豪雨がつながっている」と連鎖複合型災害とした。

 「人間社会がない場所では自然災害は起きない。(減災は)火山地域の安全な利活用とセットで考えなければいけない」と述べ、発生する「時の予測」から危険な「場の予測」に転換し、「逃げる減災」を進める重要性を強調した。

 パネルディスカッションでは、00年の有珠山噴火で災害対応に関わったパネリスト6人が当時の対応の様子を紹介。また、最先端の火山砂防技術についての話題提供などもあった。

 22日は西山川流域と周辺の現地調査を予定している。

関連記事

十勝毎日新聞

全国からバスマニア 3社横断の乗り比べツアー【十勝】

 北海道拓殖バス(音更)、十勝バス(帯広)、士幌交通(士幌)の3社は20日、各社の珍しい車両などを披露する「バスの日を楽しむ乗り比べツアー」を開催した。全国からバスマニアが詰め掛け、型式の古い...

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

360度「桜」…迫力の展示徐々に 開幕へ準備本格化【帯広】

 写真家の枠を超え、映画やデザインなど幅広い分野で活躍する蜷川実花(にながわ・みか)さんの写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)は19日の開幕が迫り、会場となる...

室蘭民報

活センで「仲間展」始まる 感性光る8人の写真【室蘭】

 1966年(昭和41年)の設立後、活動歴が半世紀を超える写真愛好家グループ・フォトグループ室蘭の作品を集めた「仲間展」が14日、室蘭市中島町の生涯学習センターきらん2階にある市民活動センターで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス