北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

上手にできた子、市民らが干支凧づくりを体験【室蘭】

笹山代表のアドバイスを受けながら「干支たこ作り」に取り組む参加者ら

 とんてん館寺子屋教室「干支凧(えとたこ)づくり体験」が23日、室蘭市陣屋町の市民俗資料館で開かれ、市民ら15人が、来年の干支「子(ね)」にちなんだ凧づくりに挑戦。真剣な表情で、伝統ある和だこ作りに取り組んだ。

 今年で20回目を迎える恒例の催し。室蘭・礼文凧保存愛好会の笹山惠弘代表(72)と、妻のれい子さん(69)が講師を務めた。作ったのは、縦57センチ、横41センチの和紙に、「豊作のシンボルである『子と米俵』」(笹山代表)が描かれた江戸凧。

 参加者は、下描きされた絵柄に、色を入れる作業に集中。和紙を骨組みされた5本の竹ひごに貼り付けた後、黄色や赤色などの染料で色づけした。原あかりさん(10)=白蘭小4年=は「(背景の)赤色を塗ったり、細かい作業が難しかったけど、楽しかった。家に飾りたい」。凧の出来上がりに笑顔をみせていた。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

名寄新聞

明かり楽しむ多彩な仕掛けを・2月15、16日に下川アイキャンM【下川】

 「しもかわアイスキャンドルミュージアム」は、2月15、16日の両日に開かれる。例年、金曜日からの3日間だった開催日を、今年は土・日曜日の2日間に短縮。会場も、多彩な催しを行う「フェスティバル」に...

名寄新聞

GW明けに宗谷本線観光列車・今年は「花たび そうや」【名寄・美深】

 JR北海道は、5月8日から6月7日までの毎週金・土・日曜日に宗谷本線で観光列車「花たび そうや」号を運行する。今年は自社車両の「山紫水明」シリーズ2両編成を使用し、期間の前半は旭川~音威子府...

十勝毎日新聞

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ【上士幌】

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...