北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

上手にできた子、市民らが干支凧づくりを体験【室蘭】

笹山代表のアドバイスを受けながら「干支たこ作り」に取り組む参加者ら

 とんてん館寺子屋教室「干支凧(えとたこ)づくり体験」が23日、室蘭市陣屋町の市民俗資料館で開かれ、市民ら15人が、来年の干支「子(ね)」にちなんだ凧づくりに挑戦。真剣な表情で、伝統ある和だこ作りに取り組んだ。

 今年で20回目を迎える恒例の催し。室蘭・礼文凧保存愛好会の笹山惠弘代表(72)と、妻のれい子さん(69)が講師を務めた。作ったのは、縦57センチ、横41センチの和紙に、「豊作のシンボルである『子と米俵』」(笹山代表)が描かれた江戸凧。

 参加者は、下描きされた絵柄に、色を入れる作業に集中。和紙を骨組みされた5本の竹ひごに貼り付けた後、黄色や赤色などの染料で色づけした。原あかりさん(10)=白蘭小4年=は「(背景の)赤色を塗ったり、細かい作業が難しかったけど、楽しかった。家に飾りたい」。凧の出来上がりに笑顔をみせていた。

関連記事

十勝毎日新聞

プレミア率66%チケット15日予約開始 とかちマルシェ【帯広】

 帯広商工会議所や帯広市などで構成する「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)の運営委員会は15日正午から、マルシェ参加店で使えるプレミア率66%のプラチナチケットの販売予約を開始する。同マル...

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...