北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

CCS実証試験の作業終了 実用化へ第一歩、年度内に報告書まとめる-経産省

モニターでCO2圧入30万トン達成が表示された苫小牧CCS実証試験センター=22日

 経済産業省は25日、苫小牧沖の地中に二酸化炭素(CO2)を圧入するCCS実証試験が、目標の30万トンに達し作業を終了したと発表した。同省は実証試験の結果と今後の課題を年度内に報告書としてまとめ、実用化に向けて一歩踏み出す。

 CCSとは、工場や発電所から排出されるCO2を大気に放出する前に回収し、地下に貯留する新技術。地球温暖化対策の一環として世界中で注目を集めている。同省は日本CCS調査(東京)に委託し、2012年度から苫小牧CCS実証試験センターの整備を進め、16年度に同市真砂町でCO2の圧入作業をスタートした。18年度からはNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の交付金で続けてきた。

 目標達成時刻は22日午前7時7分。同日に圧入作業を停止し、CO2の漏れがないかどうか継続的にモニタリングしていく。同省地球環境対策室は「苫小牧市や地元関係者の理解と協力を引き続き得ながら、今年度内に結果をまとめて実用化を進めたい」としている。

 同センターはCO2を炭素化合物に合成した化学品として再利用するカーボンリサイクルの施設として活用する方向で経産省が検討中。同省は実現可能性について、地元企業などを対象に年度内に聞き取り調査を実施する考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...