北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

CCS実証試験の作業終了 実用化へ第一歩、年度内に報告書まとめる-経産省

モニターでCO2圧入30万トン達成が表示された苫小牧CCS実証試験センター=22日

 経済産業省は25日、苫小牧沖の地中に二酸化炭素(CO2)を圧入するCCS実証試験が、目標の30万トンに達し作業を終了したと発表した。同省は実証試験の結果と今後の課題を年度内に報告書としてまとめ、実用化に向けて一歩踏み出す。

 CCSとは、工場や発電所から排出されるCO2を大気に放出する前に回収し、地下に貯留する新技術。地球温暖化対策の一環として世界中で注目を集めている。同省は日本CCS調査(東京)に委託し、2012年度から苫小牧CCS実証試験センターの整備を進め、16年度に同市真砂町でCO2の圧入作業をスタートした。18年度からはNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の交付金で続けてきた。

 目標達成時刻は22日午前7時7分。同日に圧入作業を停止し、CO2の漏れがないかどうか継続的にモニタリングしていく。同省地球環境対策室は「苫小牧市や地元関係者の理解と協力を引き続き得ながら、今年度内に結果をまとめて実用化を進めたい」としている。

 同センターはCO2を炭素化合物に合成した化学品として再利用するカーボンリサイクルの施設として活用する方向で経産省が検討中。同省は実現可能性について、地元企業などを対象に年度内に聞き取り調査を実施する考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

オリンピアン“背”に ポロシャツ製作 高木姉妹や山本選手にも好評【幕別】

 町役場職員交友会(会長・細澤正典住民福祉部長)は、町出身の5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツを製作した。それぞれの競技に打ち込む5人のシルエットがプリントされたポロシャツは選手本人たち...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

十勝毎日新聞

屋上に飛行機! 持ち主の小枝さん「操縦の思い出展示」 空の日【帯広】

 ビルの屋上に軽飛行機発見! 帯広市中心部の小枝銀座ビル(西1南11)の屋上にたたずむ1機の軽飛行機。この存在に気付いた周辺ホテルの宿泊客らが2014年ごろから、ツイッター上にたびたび写真を投稿し...

函館新聞

秋の夜空に3000発 市内4カ所で函館合同花火【函館】

 地域の明るい未来と疫病退散への願いを込めた「函館合同花火2020~未来への希望の光」(函館青年会議所、函館新聞社共催)が19日夜に行われた。函館市内の4カ所から、20分間で計3000発の花火が...

函館新聞

本町交差点周辺でまちなかオープンテラス始まる【函館】

 函館市本町・五稜郭エリアににぎわいを創出する「五稜郭まちなかオープンテラス」(実行委主催)が19日、本町交差点周辺で始まった。「3密」を防ごうと路面店が歩道にテラス席を用意し客が飲食を楽しんだ...