北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ホッキ貝、日本一の漁場守る 休漁期間活用で資源管理-苫小牧漁協

漁場から間引きした老齢のホッキ貝

 水揚げ日本一を誇る苫小牧漁業協同組合のホッキ漁。今季も21日に夏漁の「ノルマ」を達成し、12月上旬の冬漁開始に備えている。漁業者たちはこの短い休漁期間を生かし、ホッキの移植放流や老齢貝の間引きを展開。徹底した資源管理と改善の取り組みで、前浜の良好な漁場を守っている。

 苫小牧のホッキ漁獲量は市町村別で日本一を継続中。苫小牧漁協が地域団体商標、いわゆる地域ブランドに「苫小牧産ほっき貝」として登録している。苫小牧の漁獲海域は東西約30キロに及ぶ上、徹底した資源管理が漁獲増を支えている。道内のホッキ貝は海面調整規則に基づき、長さ7・5センチ以上で漁獲できるが、苫小牧漁協は9センチ以上に制限。漁期も夏の7~11月、冬の12月~翌年4月と分け、漁獲条件を設けて操業し、5、6月の産卵期は禁漁にしている。

 2016年度からはさらに夏・冬漁の終了直後に移植放流や間引きを展開している。ホッキは10年に一度の割合で大量発生するといい、苫小牧沖では14年に大量発生が確認されたためだ。漁場でホッキが過密化すれば、餌を取り合って成長を阻害したり、重なって「吸管」をふさいで死んだりし、ヒトデなど外敵も増える悪循環に陥る。漁業者たちは漁場ごとの資源状況を確認しながら、ホッキを漁場間で移し替え、老齢貝を間引いている。

 今季のホッキ漁は漁業者96人を、夏・冬漁に48人ずつ割り振って展開。夏漁は7月1日に始まり、21日に上限396トンの漁獲を終え、22日から27日までをめどに移植放流と間引き作業を行い、漁場やホッキ品質の改善につなげている。漁場については沖合29カ所に分かれており、「過密区域」を平準化する作業が続いている。

 苫小牧のホッキ漁はそもそも「噴流式桁曳網」という、船から水底に水流を送って貝を掘り起こし、動力もロープの巻き取りで推進する「優しい漁法」(苫小牧漁協)。ホッキが軟らかい砂地を好む特性を重視し、畑を耕すように漁場を育ててきた。休漁期間の移植放流や間引きは、営々と続く資源管理型漁業の深化で、苫小牧漁協の赤澤一貴総務部長は「ホッキが常に安定して獲れるよう、漁業者、漁協、関係機関で厳しく資源管理しているからこそ、水揚げ日本一を続けることができる」と強調している。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...