北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

セコマに自立型ガス発電 北ガスと災害対応連携協定

災害対応に関する連携協定を結んだセコマの丸谷社長(右)と北海道ガスの大槻社長=札幌市東区

 道内コンビニエンスストア最大手のセコマ(札幌市)は、停電時も起動可能な自立発電機能搭載型の「ガスヒートポンプエアコン」(GHP)などを道内店舗に導入する。このほど札幌市内で災害対応に関する相互連携協定を北海道ガス(札幌市)と締結し、発表した。広域停電が起きてもコンビニの営業を続ける体制を強化する。

 セコマの丸谷智保社長と北ガスの大槻博社長が共同記者会見し、協定を締結。北ガス側が▽コンビニにおける災害に強いエネルギーシステムの提供・実証―などを行い、セコマ側は▽災害時のガスインフラ復旧作業の際に必要な食料品や生活物資の提供―などを実施する内容。

 セコマが導入する「ガスヒートポンプ」は停電時でも冷暖房の稼働や発電が可能で、売り場やバックヤードの照明、レジ、冷凍ケースなどに使用する。現在、札幌市内の1店舗で実証試験中。今後、他店舗への導入も進めていく。北ガスが導管を通して天然ガスを供給する札幌、函館など都市部の店舗が対象となる予定だ。

 この他、導管がない地域で広域停電が起きた場合は、プロパンガスを燃料にした小型発電機を札幌から道内各地の店舗に運び、電気を供給する。既に移動式の小型発電機を札幌市内の倉庫に10台配備している。

 セコマは道内179市町村のほぼ全てに約1100店を出店。昨年9月の胆振東部地震によるブラックアウト(全域停電)では、車のシガーソケットにコードをつないで電気を確保し、道内店舗の95%に当たる1050店で営業を継続。インターネット上などで「神対応」と評価されたが、北ガスとの協定でさらに災害対応力の強化につなげる方針だ。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス