北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

再び夢の甲子園へ…室蘭大谷高OBが新チームを発足【室蘭】

かつて着用したユニホームを前に甲子園の思い出を語る(右から)宮谷さん、金沢さん、林さん

マスターズ出場目指す

 室蘭大谷高校(現・北海道大谷室蘭高校)の野球部OBが、マスターズ甲子園の出場を目指して新チームを発足した。かつて甲子園で熱戦を繰り広げ、北海道を沸かせた元選手らが再び白球を追い掛ける。

 マスターズ甲子園は、全国高校野球OBクラブ連合の主催で、現在は41都道府県の680高校が加盟。地方予選を勝ち抜いた代表チームが毎年11月に聖地に集結する。室蘭大谷は、1966年から33年間にわたって指揮を執り、校長も務めた金沢孝祐さん(80)が会長に着任。9月に連合に正式加盟した。

 再集結のきっかけは、今年8月に苫小牧で行われたマスターズの7チームが参戦した大会。欠員が出たチームのため、室蘭大谷OBが助っ人として出場した。かねてからマスターズ甲子園の道大会に向けた動きはあったものの、最低8チームがそろわないと開催できないルール。2、3年前から室蘭大谷にも発足の勧めがあり、はつらつと汗を流したOBが機運を高めた。

 1979年の第51回選抜高校野球大会にチームを導いた金沢さん。再び甲子園を目指すことになり「何年来の教え子にも再会できて感激した。『夢よもう一度』という気持ち」と笑顔。誘いを掛けたところ、すぐに60人以上が集まり「野球を通じてまた一緒に人生を楽しめる」と、共にグラウンドに立つ日を心待ちにする。

 第51回大会に中堅手として出場した宮谷香二さん(57)は、1回戦の尼崎北戦で悪送球した苦い思い出がある。「年齢も年齢だが通用するように戦いたい」と33年越しの雪辱を期す。林昭夫さん(62)は「野球からは遠ざかっていたが、一度は夢見たところに行きたい」と意気込む。

 練習は球春を待って始める予定。ユニホームは、えんじ色の「OHTANI」を金色で縁取ったかつてのモデルを使う案も。室蘭を盛り上げた球児たちが再び野球熱をたぎらせている。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...