北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

旧絵鞆小2棟保存で調整、市が解体方針見直し【室蘭】

2棟一括での存続の可能性が出てきた旧絵鞆小の円形校舎

 旧絵鞆小円形校舎の存続問題で、室蘭市が体育館棟の解体方針を見直し、体育館棟のみ市民団体・旧絵鞆小活用プロジェクト(三木真由美代表)に売却、2棟とも残す方向で調整に入ったことが、27日分かった。校舎棟は市が活用する考え。ただ維持補修など安全確保策の担保を必須条件としているもようだ。

 団体はクラウドファンディングや支援企業からの資金調達で1700万円を確保しているが、当初市に提示した2棟一括の事業・資金計画の実現は難しく、交渉は難航していた。体育館棟のみの取得に切り替えたことで、難しいとみられた2棟存続の可能性が急浮上してきた。

 複数の関係者の話を総合すると、市は団体が着々と支援の輪を広げ、目標には及ばないが一定額の資金を調達したことを重く受け止めた。団体が現状資金の範囲で2棟一括保存の可能性がある体育館棟のみの取得意向をあらためて示したことから、協議の方向を転換したとみられる。

 一方で市側が抱える事情も今回の判断に影響した可能性がある。市は存続が決まっている校舎棟の活用策について、2階部分を留学生対象の日本語学校に貸す計画を持っている。日本語学校の開校を考慮すると、市有のほうがスムーズな運営につながるとの計算も働く。

 市は協議開始の当初から、安全性の確保を団体に求め続けているが、高額な経費が想定される耐震改修までは現時点では求めない方針を示唆している。ただ、老朽化が進んでおり、屋根や外壁はく離対策などの「最低限の維持補修については必要としている」(関係者)という。

 青山剛市長は25日の定例記者会見で「団体との交渉で昨年の公募売却時と違う点は、一定程度の費用を確保し、維持補修の計画を持ち、地域の安全性確保を図る考えを持っていること。慎重に検討したい」と語っていた。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...