北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

IR推進派、大きな落胆 反対派は歓迎-苫小牧

会見で感想を語る岩倉市長=29日午後0時半ごろ

 鈴木直道知事が29日、道議会本会議で今回のIR認定申請を見送る方針を正式に示したことで、優先候補地とされた苫小牧の関係者の間には衝撃が広がった。

 IRを中核とした国際リゾート構想を掲げる苫小牧市の岩倉博文市長は同日、記者会見で「残念だ」と悔しさをにじませた。市にとっては10月の市議会臨時会で補正予算を確保し、候補予定地を含む環境影響調査を始めていた矢先で「どうしてなのか」と疑問も。ただ、同構想は「IRのみではない」とし、事業は進める意向。早期に道と協議する考えも示した。

 また、苫小牧市議会の金沢俊議長は「賛否があった中で議会として『推進してほしい』と決議した。その通りにはならず非常に残念」と肩を落としつつ、「苫小牧市議会として議論し、意見を形成し、やれる範囲内でやった」と強調した。

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)と苫小牧統合型リゾート推進協議会(藤田博章会長)は「大きな失意を感じる。非常に残念だがIRを断念したという認識はない。緩めることなく挑戦し続けたい」と合同声明を発表した。

 反対を訴えてきたカジノ(賭博場)誘致に反対する苫小牧市民の会の篠原昌彦共同代表は、「道民の命と暮らし、ウトナイ湖周辺の湿地、自然環境が守られることになってうれしい。賢明な判断と歓迎している」と述べた。

関連記事

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...

室蘭民報

市内飲食店に配布開始 安心宣言ステッカー【室蘭】

コロナ予防策を促進  室蘭商工会議所と市内3飲食店組合は、新北海道スタイルに取り組む約150の飲食店に「安心宣言ステッカー」を配布した。各店では早速、入り口付近など目立つ場所に掲示している。引き...

室蘭民報

元気なチョウザメ水揚げ 室蘭水族館で展示【豊浦】

 豊浦の沖合で4日、体長約2メートルのチョウザメが網にかかり、豊浦漁港で水揚げされた。傷はほとんどなく元気な状態。チョウザメが捕れるのは珍しいといい、市立室蘭水族館(室蘭市祝津町、東忠明館長)に...