北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

住宅街にクマ 帯小校庭で駆除【帯広】

 1日午前1時50分ごろ、帯広市西16南31の住宅街で「路上をクマ1頭が歩いている」と、付近を車で走行中の男性から110番通報があった。帯広署が捜索し、午前3時50分ごろ、同市西12南17の民家敷地内で、午前6時55分には同市西8南5の帯広小学校周辺で同一の個体と思われるクマ1頭を発見した。クマは同校の校庭に逃げ込み、約4時間にわたり校庭の木に登ったままとなっていたが、同11時3分、猟友会の会員が猟銃を発砲し、クマは死亡した。クマによる人などへの被害はなかった。

 同署によると、クマの体長は約1.5メートル。専門家によると、若いクマとみられる。最初の目撃地点から、市内を流れるウツベツ川に沿って北上を続けたとみられている。同署の他、市を通じて連絡を受けた道猟友会帯広支部(月安謙治支部長)の会員らハンターも出動し、捜索に当たった。

 クマが駆除された帯広小学校周辺では、警察官による立ち入りの規制が行われ、一時騒然となった。

(映像は住民提供)

 帯広市教委は緊急時のメール配信システム「子供安全ネットワークシステム」で、午前6時46分にメールを配信。児童・生徒の外出は控え、部活動は保護者の送迎を義務付けた上で実施するなど配慮を求めた。クマが帯広小学校にいると特定されたことから、同9時41分にも再度知らせ、現場に近づかないよう注意した。

 市教委によると1日中にクマが駆除されたため、2日は学校は通常通り授業を行うという。

 帯広市によると、これまで市内でもクマの目撃情報はあったが、個体を発見したのは初めて。2017年12月には、つつじが丘小学校付近での目撃情報を受け、職員らが現場に出動したが発見には至らなかった。

関連記事

十勝毎日新聞

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演【幕別】

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

十勝毎日新聞

三宅さん、佐藤さん 全国へ 社内技術コンで【帯広】

 全国のトヨタ販売店が腕を競う「サービス技術コンクール」の北海道大会で、ネッツトヨタ帯広(帯広)の三宅健心さん(29)と佐藤大地さん(22)のペアが4~6位相当の優秀賞を受賞し、全国大会への出...

十勝毎日新聞

町の魅力伝える 中学生が留学生らと交流【大樹】

 大樹中学校(宮村孝雄校長、生徒124人)の全校生徒が6日、同校で帯広畜産大学の留学生らと交流した。生徒たちは8カ国の外国人に町の魅力を紹介するなどし、楽しいひとときを過ごした。  「ふるさ...

室蘭民報

見守り活動ひと目…市社協が「きずな」ビブス新調【登別】

着脱簡単、夜間使用OK  登別市社会福祉協議会(山田正幸会長)は、地域の防犯パトロールや子どもの見守り活動で身に着けるビブスを製作した。登別市地域福祉実践計画「きずな」のシンボルカラーである緑色を...

室蘭民報

スリーエイ協会の第1回会長杯、競技普及へ24組が熱戦【室蘭】

 室蘭スリーエイ協会の第1回会長杯が8日、室蘭市体育館で行われた。「白鳥」の須川辰夫さん、阿閉百合子さんが初優勝した。  試合は2人1組で行われ、24ペアが出場。4グループに分かれてリーグ戦が...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス