北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

14社が結集「函館お節」イカやブリ重箱に【函館】

14社が協力して完成させた「函館お節」。左は塩辛や旨煮など10品からなる「イカの重」

 函館市内の水産加工会社や菓子店など14社が、地元で製造した食品を詰め合わせたおせち「函館お節」を完成させた。1段目の重箱「一の重」は塩辛やいかめしなどを詰めた「イカの重」。イカの不漁に悩みながらも奮闘する地場企業が力を結集した。

 食品・建設卸「第二物産」の子会社で、商品企画・販売会社「エムティーコーポレーション」(西桔梗町、田仲真人代表)が取引先に呼び掛けて実現した。複数の商品を組み合わせたアソートを手掛ける同社。田仲代表は「おせちは究極のアソート。イカが獲れず、元気がない函館を盛り上げようと考えた」と話す。

 イカづくしの一の重は「布目」の塩辛、「かくまん」のいかめし、カマンベールチーズが入ったイカなど10品。二の重には伊達巻やアワビの煮物のほか、「山大」は近年漁獲量が増えたブリの西京漬けを入れた。三の重には松前漬けやクジラのベーコン、「龍栄堂」は口取り菓子を添えた。

 紙製の重箱は包装材製造会社「ホリカワ」が担当。黒い紙に函館の夜景を金色の箔押し印刷で表現した。田仲代表は「中身から箱まで函館の企業で手掛けた。中小企業の底力を見せられたのでは」と手応えを感じている。

 二段重は1万2000円、三段重は1万8000円。いずれも税・送料別。函館市のふるさと納税返礼品にも採用され、寄付額3万円、または5万円で入手できる。各300個限定。

 料理は個包装し、冷凍で配送する。12月17日まで注文を受け付け、25~27日に届ける。申し込みは同社(0138・83・6333)、またはホームページ(www.dainibussan.co.jp)へ。ふるさと納税分は「ふるさとチョイス」で16日まで受け付ける。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...