北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アンコールは嵐の曲で【浦河】

第1部で息の合った演奏を披露する団員たち

 うらかわ町民吹奏楽団(岩間康太団長)初のウインターコンサートが11月30日夜、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、来場した約170人の町民に息のあった演奏を披露した。

 創立47年の同楽団には20代から57歳まで30人を越える団員が所属しており、毎週火曜日と第1、3、5金曜日、第2、4土曜日の練習日に集まって技術を磨いている。

 毎年福祉施設の訪問演奏や町民芸術祭への参加、吹奏楽コンクールへの出場などの活動を続けているが、今年は団員の中から「単独の演奏会を開きたい」という声が上がり、初のウインターコンサートが実現した。

 静内第三中の中村紳一先生の指揮で、マーチ「エイプリル・リーフ」で開幕。1部はこの後、ポップス描写曲「メイン・ストリートで」、歌劇「イーゴリ公」よりダッタン人の踊り、のコンクールの課題曲など難易度の高い曲を心を込めて演奏。

 第2部はおなじみのリトル・マーメイド・メドレーや効果音が特徴的なスーパーマリオブラザーズ、フィギュアの荒川静香さんが競技に使った「You Rise Me Up」、ロックの「Get It On~黒い炎~」と続き、最後はラテンのナンバー「エル・クンバンチェロ」で会場は最高潮に。

 アンコールには嵐のヒット曲メドレーで応えていた。  演奏会を終えて岩間団長は「音楽の持つ感動を伝えたいと開催したが、来場者のアンケートにはまた開催してほしい、大変良かったという感想が多かったので、機会があればまた考えてみたい」と話していた。

 同楽団は団員を募集している。ブランクのある人、楽器をもっていない人、初心者などいつでも相談してくださいという。連絡先は岩間団長(☎090・5984・7569)へ。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...