北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ウポポイ100万人達成を、胆振総合振興局がアクションプラン【胆振】

地域資源と結び付け…鈴木知事に提案

 胆振総合振興局は4日、民族共生象徴空間・ウポポイ(2020年4月24日開設)の年間来場者100万人に向けた「胆振アクションプラン2020」を明らかにした。ウポポイと洞爺湖有珠山ジオパーク、縄文遺跡群といった胆振の地域資源を結び付けて目標の達成を目指す。同日、花岡祐志局長が道庁で鈴木直道知事に提案した。

 テーマは「IBURI CROSSROAD~地球誕生から現代へ アイヌの歴史・文化との共生を体感~」。ウポポイと洞爺湖有珠山ジオパーク、名勝ピリカノカ、炭鉄港、むかわ竜、アイヌ文化といった「世界的な価値を有する胆振の地域資源」(同局)を結び付け、アイヌ文化の振興やアイヌ民族との共生、交流人口や関係人口の創出・拡大を図る。

 プランは、語り部の創出や小中学校でのウポポイ利用促進といった「地域住民の理解と利用」、登別温泉・洞爺湖温泉の利用客やニセコ地域に長期滞在する外国人観光客など「外からの人の呼び込み」、地域資源を連携させた周遊ルートを形成する「ウポポイを経由した周遊性の向上」が柱。官民連携や地域間連携を進め、目標値を設けて施策を展開する。

 20年度(令和2年度)の事業案として、東京五輪の聖火リレーイベントでのアイヌ文化体験やパネル展示、振興局の職員自らウポポイの魅力をPRできる語り部研修の実施、胆振とつながりが強い地域への誘客プロモーション・トップセールス、地域資源をスマートフォンのスタンプスポットにした管内外の周遊促進、ウポポイと地域の観光資源を複合させた複数のモデルコース形成などを掲げた。目標値は管内全学校でのウポポイ活用、地域住民1万人・国内外10万人以上にPR、旅行商品化5件以上などと示している。

 鈴木知事は「ウポポイを通して胆振を訪れる人たちがまさしく交流人口であり関係人口。そうした方々にファンになっていただき、被災地への協力までつなげてもらいたい。地域住民の理解と利用促進に向け、振興局職員をウポポイセールス職員として養成することや管内全小中学校で学習に活用するのは非常に良い取り組み」と述べた。

関連記事

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...