北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「ビルの壁剥がれた」、強風被害の通報が相次ぐ【室蘭】

強風で壁の一部が剥がれ落ちた室蘭市中央町のビル

 冬型の気圧配置が強まった影響で、胆振地方は4日も吹雪に見舞われた。今季最低気温の氷点下4・8度を観測した室蘭市内では、午後5時までに市民から「ビルの壁が剥がれた」など、強風被害による通報が消防に13件相次いだ。

 室蘭市中央町のビルでは同日午前9時ごろ、強風で壁の一部が剥がれ落ち、現場には立ち入り禁止を示す規制線が張られた。八丁平では、80代女性が強風にあおられて転倒し、腰を痛めた。トタン屋根が剥がれたとする通報も数件寄せられた。本町に住む女性(75)は「強風で車庫のシャッターを覆っていたカバーが剥がれました。消防士さんに適切な処置をしていただき、ひと安心した」と話した。

 また室蘭市東町3の国道36号と同37号の交差点では午後4時50分ごろ、強風による電線の断線で信号機と街路灯の停電が発生。室蘭署の署員が交通整理に当たり、約2時間後に復旧した。

 3日午後8時から続いていた国道37号白鳥大橋の通行止めは、4日午後5時に解除された。

 強風のため、4日に臨時休校していた室蘭と登別の全小・中学校はきょう5日は通常通り授業を行う予定。

 室蘭地方気象台によると、冷え込みは6日まで続く見通し。きょう5日の室蘭の最低気温は氷点下4度の予想。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...