北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「ビルの壁剥がれた」、強風被害の通報が相次ぐ【室蘭】

強風で壁の一部が剥がれ落ちた室蘭市中央町のビル

 冬型の気圧配置が強まった影響で、胆振地方は4日も吹雪に見舞われた。今季最低気温の氷点下4・8度を観測した室蘭市内では、午後5時までに市民から「ビルの壁が剥がれた」など、強風被害による通報が消防に13件相次いだ。

 室蘭市中央町のビルでは同日午前9時ごろ、強風で壁の一部が剥がれ落ち、現場には立ち入り禁止を示す規制線が張られた。八丁平では、80代女性が強風にあおられて転倒し、腰を痛めた。トタン屋根が剥がれたとする通報も数件寄せられた。本町に住む女性(75)は「強風で車庫のシャッターを覆っていたカバーが剥がれました。消防士さんに適切な処置をしていただき、ひと安心した」と話した。

 また室蘭市東町3の国道36号と同37号の交差点では午後4時50分ごろ、強風による電線の断線で信号機と街路灯の停電が発生。室蘭署の署員が交通整理に当たり、約2時間後に復旧した。

 3日午後8時から続いていた国道37号白鳥大橋の通行止めは、4日午後5時に解除された。

 強風のため、4日に臨時休校していた室蘭と登別の全小・中学校はきょう5日は通常通り授業を行う予定。

 室蘭地方気象台によると、冷え込みは6日まで続く見通し。きょう5日の室蘭の最低気温は氷点下4度の予想。

関連記事

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...