北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

漁獲量は前年比5%増、金額は6年ぶり低水準 秋サケ定置網漁が終了-苫小牧漁協

不漁傾向だった秋サケ定置網漁=11月9日、苫小牧港漁港区

 苫小牧漁業協同組合の秋サケ定置網漁は今季、漁獲は600・5トンで前年比5%(27・3トン)増だった。全道各地で不漁に見舞われる中、苫小牧も漁獲は思うような伸びではないものの微増を確保。一方で金額は同12%(約5100万円)減の約3億6200万円となり、6年ぶりに3億円台の低水準になった。当初の漁獲量見通しが3割増と予想されたことで、序盤の取引価格が抑えられたことなどが影響した。

 苫小牧漁協は沿岸に定置網5カ統の権利を持ち、出漁日は漁船3隻で水揚げ。今季は昨年より1日少ない54日間(9月1日~12月2日)で操業した。担当者によると、出だしは順調で9月は前年同月の実績を30トン以上上回っていたが、最盛期の10月から獲れなくなり、11月はしけが多く、ほぼ隔日操業。「来遊予想は良かったはずだが、最後はまったく回復することがなかった。出だしの好調さで漁獲は前年を上回ることができた」と説明する。

 不漁傾向に加えて金額は大幅減で、1キロ当たりの平均単価は604円で同118円減。従来は不漁でも単価が上がり、漁獲高は4億円超えが一般的だった。近年は全道的な不漁続きで高値が続いていたが、今季は価格の安い海外産へのシフトと、3割増の来遊予想を踏まえて当初の取引相場が抑えられたことも影響したとみられる。

 苫小牧漁協は「当初の価格は雌でキロ単価600円だった。最終盤で同1000円を越えたが、カバーしきれなかった」と嘆く。地元漁業者は消費者にサケを供給するため漁期(3日)ぎりぎりまで操業しており、「来年はより適正価格で取引されれば」と話している。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...