北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

漁獲量は前年比5%増、金額は6年ぶり低水準 秋サケ定置網漁が終了-苫小牧漁協

不漁傾向だった秋サケ定置網漁=11月9日、苫小牧港漁港区

 苫小牧漁業協同組合の秋サケ定置網漁は今季、漁獲は600・5トンで前年比5%(27・3トン)増だった。全道各地で不漁に見舞われる中、苫小牧も漁獲は思うような伸びではないものの微増を確保。一方で金額は同12%(約5100万円)減の約3億6200万円となり、6年ぶりに3億円台の低水準になった。当初の漁獲量見通しが3割増と予想されたことで、序盤の取引価格が抑えられたことなどが影響した。

 苫小牧漁協は沿岸に定置網5カ統の権利を持ち、出漁日は漁船3隻で水揚げ。今季は昨年より1日少ない54日間(9月1日~12月2日)で操業した。担当者によると、出だしは順調で9月は前年同月の実績を30トン以上上回っていたが、最盛期の10月から獲れなくなり、11月はしけが多く、ほぼ隔日操業。「来遊予想は良かったはずだが、最後はまったく回復することがなかった。出だしの好調さで漁獲は前年を上回ることができた」と説明する。

 不漁傾向に加えて金額は大幅減で、1キロ当たりの平均単価は604円で同118円減。従来は不漁でも単価が上がり、漁獲高は4億円超えが一般的だった。近年は全道的な不漁続きで高値が続いていたが、今季は価格の安い海外産へのシフトと、3割増の来遊予想を踏まえて当初の取引相場が抑えられたことも影響したとみられる。

 苫小牧漁協は「当初の価格は雌でキロ単価600円だった。最終盤で同1000円を越えたが、カバーしきれなかった」と嘆く。地元漁業者は消費者にサケを供給するため漁期(3日)ぎりぎりまで操業しており、「来年はより適正価格で取引されれば」と話している。

関連記事

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...