北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

認知症に向き合う知識【新ひだか】

宮崎総合施設長が認知症と「向き逢う」大切な3、5、7ヶ条を解説

【新ひだか】医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者に、包括的かつ継続的な在宅医療と介護サービスを提供する体制の構築を目指す新ひだか町在宅医療・介護連携推進委員会(委員長・小松幹志日高医師会長)と日高中部介護サービス事業所協会共催の講演会が3日、町公民館で開かれ、委員会構成団体に所属する職員のほか、町内の障がい者福祉事業所の関係者ら約80人が参加し、認知症に向き合うための基本知識を学んだ。

 第1部では、劇「介護保険ってどう使うの?~認知症になっても大丈夫~」の始めに、福祉や介護、認知症の相談窓口が地域包括支援センターで静内地区と三石地区に設置されていることを紹介。

 認知症は、脳の病気であり治らない病気で、進行を遅らせる治療の4つの柱に①薬物療法②非薬物療法③適切なケア④なじみの環境―などがあり、環境変化が苦手で、仲間と一緒に昔の話や仕事の話をすることで、脳の活性化を図り、認知症の進行を予防することが大事と説明。

 介護サービスの種類や使い方では①要介護認定の申請②訪問調査・主治医の意見書を基に要介護度の認定審査③介護認定証により介護支援専門員(ケアマネージャー)を決める④ケアプランを作成し、サービスを利用―などの手続きがあり、地域で支え合う活動として自治会活動、ボランティア団体の食事会やカフェ、介護サービス事業所のカフェなど地域で支え合い活動が広がっていることなどを劇を交えながらわかりやすく説明した。

 第2部では「人と認知症と向き逢うために」の演題で、伊達市のグッドライフの宮崎直人総合施設長(57)が講演。基本の在り方3ヶ条では①自分のことは自分ですること②互いに助け逢うこと③社会と繋がっていること。基本の関わり方(所作)5ヶ条では①目を逢わせる②身を逢わせる③話し逢わせる④聴き逢わせる⑤触れ逢わせる。基本の考え方7ヶ条では①礼儀正しくかかわる②付かず離れずの距離感を創る③伝わる・繋がるチャンネルを探す④相手に応じる⑤相談事を持ちかける⑥称賛・誉め称える⑦ユーモアとリアクションは大げさに―など自らの体験で得た教訓を解説した。

宮崎総合施設長は、究極のひとつの答え「人には魅力があるということ、相手の魅力を言葉で伝えること」に導かれたと話しをまとめた。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...