北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

洞爺湖芸術館“大入り”、来館過去最多の4596人

来場者数が過去最多となった洞爺湖芸術館

 洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館は冬季休館(12月1日~来年3月末)に入った。2019年度の来館者数は11月30日現在で前年度比1117人増の4596人。約3割の増加で目標の3500人を千人以上上回り、08年の開館以来、過去最多となった。

 来館者がこれまで最も多かったのは17年度の4152人。本年度は運営が洞爺湖芸術館友の会の指定管理から町の直営に変わった初年度だった。

 企画では春、夏、秋にそれぞれ特別展を開催。砂澤ビッキ没後30年の特別展をはじめ、インスタレーションなど、これまでにない展示もあった。各特別展では千人以上の来館者を数えた。子ども向けのワークショップなどの開催を増やしたことで、夏休み期間中の子どもの来館にも貢献したという。

 前館長の三島邦代さん(73)は「芸術館はグレードアップしている。(洞爺湖芸術館友の会)の指定管理時代は、素人集団で見よう見まねでやっていた。当初から専門の学芸員を配置してほしいと町にお願いしていた。山本みどり学芸員が来てくれて、専門的な目で企画運営を見直せた」と成果を強調した。

 山本学芸員は「今年の反省も生かして展示内容を充実させたい。今年実施したことを踏まえて取り組む」と述べ、現在も運営をサポートする友の会に感謝した。

 4月から友の会の会長に就任した加藤亮子さん(64)は「本年度の活動継続と展示会のサポート、独自事業も展開していきたい」と来年度を見据えた。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス