北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

子年の繁栄願い込め干支凧づくり「チュウ」【室蘭】

縁起物の干支凧づくりを行う笹山代表

 室蘭礼文凧(だこ)保存愛好会、笹山惠弘代表の自宅(室蘭市中島町)では、来年の干支(えと)「子(ね)」にちなんだネズミを描いた干支凧づくりが最盛期に入っている。

 江戸文字で描かれた「子」の字の上に米俵に乗った2匹の白ネズミを配置した。「ネズミは多産なので子孫繁栄を、米俵は豊穣(ほうじょう)をそれぞれ象徴しています」と笹山代表。10月から準備に入り、下絵描きや骨張り、色づけと進み、今は糸付けの作業に入っている。「店(飲食店)を切り盛りしながら少しずつ進めている。毎日残業だよ」と笑う。

 国内では伝統的な凧づくりができる人が減っているという。笹山代表は中島町の生涯学習センターきらんや陣屋町の民俗資料館、各小学校などで凧づくり教室を開催。「興味を持って参加してくれる子どもたちがいてくれるのはうれしいですね」と笑みを浮かべる。

 毎年1月2日に、祝津町のみたら室蘭裏で凧揚げを実施している。笹山代表は「当日は午前11時ごろから愛好者が集まる予定です。凧揚げをしたいという方はぜひお越しを」と呼び掛ける。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...