北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

イチゴの生産額 過去最高の見込み

イチゴの共同選果は終了=浦河町=

 ひだか東農協(本所・浦河町。えりも、様似、浦河3町)の夏秋取りイチゴ「すずあかね」の共同選果が11月末で終了した。本年度(2019年2~20年1月)のイチゴの全体生産は、生産額が過去最高の4億8700万円(前年実績4億5200万円)を見込んでいる。

 同農協のイチゴは浦河、様似両町で生産し、9割以上が果実が崩れにくく酸味のあるケーキなど加工向けのすずあかね。夏秋取りは全国一の生産を誇る。

 両町に各1施設ある共同選果場は6月4日から始まり、11月29日に同時終了している。12月以降は量的には少ないものの、冬イチゴなどの個別出荷が続く。

 今年の生産農家は、新規就農者5戸(離農3戸)を加え42戸(浦河町23戸、様似町19戸)。栽培面積は前年から8%増の6万5767平方㍍に拡大し、生産量は来年1月末までに236㌧(前年実績224㌧)を見込んでいる。

 全体の価格は前年の2015円から2060円に若干上昇。すずあかねは2400円台後半で取り引きされた。

 7月後半まで寒い時期はあったが、「価格も前年よりやや高く推移した。当初計画も途中で上乗せ修正し、この計画並みの生産額となった」と話し、おおむね順調な生産だった。

 来期も5人の新規就農者がイチゴ生産に加わり、農協では「生産額は5億円を超える予定」という。

 ただ、現2施設の共同選果場の処理能力はまもなく限界に近づく。選果場のパート作業員の確保(現在60人前後)なども課題となっている。

関連記事

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...