北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

イチゴの生産額 過去最高の見込み

イチゴの共同選果は終了=浦河町=

 ひだか東農協(本所・浦河町。えりも、様似、浦河3町)の夏秋取りイチゴ「すずあかね」の共同選果が11月末で終了した。本年度(2019年2~20年1月)のイチゴの全体生産は、生産額が過去最高の4億8700万円(前年実績4億5200万円)を見込んでいる。

 同農協のイチゴは浦河、様似両町で生産し、9割以上が果実が崩れにくく酸味のあるケーキなど加工向けのすずあかね。夏秋取りは全国一の生産を誇る。

 両町に各1施設ある共同選果場は6月4日から始まり、11月29日に同時終了している。12月以降は量的には少ないものの、冬イチゴなどの個別出荷が続く。

 今年の生産農家は、新規就農者5戸(離農3戸)を加え42戸(浦河町23戸、様似町19戸)。栽培面積は前年から8%増の6万5767平方㍍に拡大し、生産量は来年1月末までに236㌧(前年実績224㌧)を見込んでいる。

 全体の価格は前年の2015円から2060円に若干上昇。すずあかねは2400円台後半で取り引きされた。

 7月後半まで寒い時期はあったが、「価格も前年よりやや高く推移した。当初計画も途中で上乗せ修正し、この計画並みの生産額となった」と話し、おおむね順調な生産だった。

 来期も5人の新規就農者がイチゴ生産に加わり、農協では「生産額は5億円を超える予定」という。

 ただ、現2施設の共同選果場の処理能力はまもなく限界に近づく。選果場のパート作業員の確保(現在60人前後)なども課題となっている。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス