北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サンライバ経営戦略策定、市が方針【登別】

リフト料金見直しも検討

 第4回登別市議会定例会は9日、本会議を続開し、渡辺勉(共産党)宮武祥子(市政クラブ21)小栗義朗(公明党)の3議員が一般質問を行った。市は、厳しい経営状況が続くカルルス温泉サンライバスキー場について、本年度中に経営戦略を策定する方針を示した。昨年度実施した経営診断の結果、今後15年間で約9億3千万円の累積赤字が出るとして、リフト料金の見直しや、スキー場利用者の増加に向けた取り組みを検討する。宮武議員への答弁。

 市が2018年度(平成30年度)に道の補助を受けて実施した経営診断の結果では、スキー人口の高齢化や人口減などにより、今後のリフト利用者は年平均1・6%程度減少することが見込まれている。

 今後15年間、現状のまま推移し、既存の3リフトの改修を行った場合、約9億3千万円の累積赤字が出ると示され、リフト料金の売上単価の増加を図るなどの改善策が提案された。

 経営戦略の方針については、スキー場運営の根幹を担うリフトの安心安全な運営をはじめ、初心者が安心して楽しめる環境づくり、訪日客の受け入れ環境整備などを基本としたい考え。

 同議員はリフト料金の見直しについて質問。森元俊明観光経済部次長は「初心者や訪日客らが気軽に来ることができなくなることが懸念されるほか、修学旅行の受け入れにも少なからず影響があると考えているので、十分検討していきたい」と答えた。

 同スキー場のメインリフトとなっている第1リフトの整備について「一刻も早く進める必要がある」と整備時期の考えを聞いた。森元次長は「スキー場の施設は全体的に老朽化が進んでいる状況。第1リフトについては、メーカーや運営委託業者と協議し、改修時期を見極めていきたい」と述べた。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...