北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「むかわ竜は9歳の大人」研究者が解説 子ども化石くらぶ公開講演

子どもたちに骨の化石の断面を見せながら説明する千葉助教(後方右)

 むかわ町子ども化石くらぶ「ハドロキッズチーム」の公開講演が8日、同町穂別町民センターで開かれた。国内最前線の恐竜研究者として知られる北大総合博物館の小林快次教授と、岡山理科大学生物地球学部の千葉謙太郎助教がハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)をテーマに講演を行った。

 ハドロキッズチームは未来の古生物学者を育てようと、町と町教育委員会が主催して昨年から始まった事業。今年度は町内外の小学2~6年生の46人が参加し、これまで室内外の学習や化石採集・クリーニングなどを行ってきた。

 小林教授は、研究成果から分かっているむかわ竜の特徴や、学名として「カムイサウルス・ジャポニクス」の名前が付いた由来などを紹介。千葉助教は恐竜の年齢について、「1980年代は100~200年生きていたと考えられていたが、90年代から最近の研究では、骨の成長輪が木の年輪と同じように、1年ごとに記録されていると考えられる」と説明。これらを踏まえてむかわ竜の骨の断面から「9歳まで生きていた」「大人の恐竜だった」と図解しながら話した。

 道教育大札幌小学校2年の上田翔也君(8)は「切った部分が木の(年輪の)形のようになっていると分かり、楽しかった」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...

日高報知新聞

まわりの景色を楽しみながら【日高】

【日高】自転車愛好者が集まって今年2月に発足した日高サイクリング協会(石井健一会長)主催の「沙流川サイクリングコース試走会withかわたび」が2日、沙流川橋そばの富川せせらぎ公園駐車場に午前9時半...

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家...

室蘭民報

駒大苫、打線好調 苫中央根本、好投11K

道高野連独自大会南北海道大会  北海道高校野球南北海道大会(代替大会)が3日、札幌円山球場で開幕した。1日目は3試合が行われ、駒大苫が札幌新川に七回コールド勝ち。苫中央は知内に2─0で勝利した。両...