北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「むかわ竜は9歳の大人」研究者が解説 子ども化石くらぶ公開講演

子どもたちに骨の化石の断面を見せながら説明する千葉助教(後方右)

 むかわ町子ども化石くらぶ「ハドロキッズチーム」の公開講演が8日、同町穂別町民センターで開かれた。国内最前線の恐竜研究者として知られる北大総合博物館の小林快次教授と、岡山理科大学生物地球学部の千葉謙太郎助教がハドロサウルス科の恐竜化石「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)をテーマに講演を行った。

 ハドロキッズチームは未来の古生物学者を育てようと、町と町教育委員会が主催して昨年から始まった事業。今年度は町内外の小学2~6年生の46人が参加し、これまで室内外の学習や化石採集・クリーニングなどを行ってきた。

 小林教授は、研究成果から分かっているむかわ竜の特徴や、学名として「カムイサウルス・ジャポニクス」の名前が付いた由来などを紹介。千葉助教は恐竜の年齢について、「1980年代は100~200年生きていたと考えられていたが、90年代から最近の研究では、骨の成長輪が木の年輪と同じように、1年ごとに記録されていると考えられる」と説明。これらを踏まえてむかわ竜の骨の断面から「9歳まで生きていた」「大人の恐竜だった」と図解しながら話した。

 道教育大札幌小学校2年の上田翔也君(8)は「切った部分が木の(年輪の)形のようになっていると分かり、楽しかった」と話していた。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...