北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

国交省「地域づくり表彰」 鹿部町製品開発研究会が準V 軽石を使った干し魚評価【鹿部】

全国地域づくり推進協議会会長賞を受賞した高橋会長(中央)と鈴木事務局長(右)。左は盛田町長

 【鹿部】国土交通省は、地域づくり活動に顕著な功績のあった優良事例を表彰する「地域づくり表彰」の受賞団体を発表し、鹿部町製品開発研究会(高橋昱彦会長)が準グランプリに当たる「全国地域づくり推進協議会会長賞」に輝いた。高橋会長(74)は「賞をもらうために活動してきたわけではないが、国に評価してもらえてとてもうれしい」と表情を緩めた。

 創意と工夫を活かした広域的な地域づくりを通して、個性のある地域の整備・育成に功績のあった優良事例を1984年から表彰している。今年は全国から38団体の応募があり、書類審査で8団体に絞られた後、10月1日に東京都で開かれた審査会で5団体の受賞が決まった。

 同研究会は2010年11月に地域の素材を生かした特産品を作ろうと、土木、建築、商工、金融などの有志6人で発足。補助金に頼らず情報収集や研究を進めており、これまでに「ホタテ貝殻の粉砕物の土壌改良剤としての普及方法」や「地域に伝わる魚介類の調理法の発掘と新メニューの開発」などをテーマに活動してきた。

 今回は、14年3月から着手している前浜産の魚を使用した新たな干し魚の開発が評価。事務局を務める鈴木昌志さん(68)が中心となり、1929年の駒ケ岳大噴火の際に積もった噴出物「軽石」の吸水性を生かして、約3年かけて「ふっくら軽石干し魚」を完成させた。

 「軽石干し魚」は魚を吸水性の高いセロハン、布、軽石で挟み、18~24時間低温熟成。干し魚特有の臭みがなく、ふっくらとした身に仕上がり、魚嫌いな子どもでも食べられるという。現在は「イリエ船橋商店」や鹿部、七飯、木古内の道の駅などで販売されている。

 高橋会長は、今後も軽石を使った干し物の充実を図りたいとし「日頃お世話になっている鹿部に恩返しの意味も込めて、研究を続けていきたい」と意欲を見せる。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...